【3泊4日】北海道旅行の行程と費用――さっぽろ雪まつりとルスツリゾート,そして初音ミク

旅行記録

なまずんです。

2019年2月8日~11日に,3泊4日で北海道に旅行しました。主要な目的は,札幌市で開催される初音ミクさんのライブに参戦することです。ボーカロイド「初音ミク」を販売するクリプトン・フューチャー・メディアが札幌市に本社を構えるため,例年さっぽろ雪まつりに合わせて関連イベントが開催されます(今年で10回目!)。投信ブロガーにとっての,「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」(FOY)のようなものです。普段は全国に散らばる初音ミクファンの多くが札幌に集結します。

◆FOYの参加は私にとって良い経験となりました。

あこがれのFOY2018に参加しました
なまずんです。 2019年1月13日(日),東京都品川区で「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018(FOY2018)」と懇親会が開催されました。今年...

ついでに札幌から70kmほど離れたルスツリゾートスキー場と,札幌市内で開催されたさっぽろ雪まつりなどにも行きました。冬の北海道を楽しむ旅です。

スポンサーリンク

行程

今回は3人での旅行。大学時代からの友人です。昨年も同じ時期に初音ミクさんのライブのために札幌を訪問しています。

2月8日(金)

有給休暇を取って金曜日から出発。羽田空港に集合し,羽田空港内の「アビオン」で昼食を食べました。12時50分に新千歳空港に向けて離陸。航空会社はエア・ドゥを利用しました。

ほぼ定刻の14時25分に新千歳空港に到着後,まずは空港内4階にある「雪ミクスカイタウン」で雪ミクさんにご対面です。長旅の疲れを癒やしたところでJRと札幌市営地下鉄に乗り,札幌のホテルに向かいました。

宿泊先はプレミアホテル中島公園札幌。札幌一の繁華街,「すすきの」から地下鉄で一駅です。もう少し先には爆発したアパマンショップがある平岸駅があります。

夕方に宿泊先の近くでレンタカー(タイムズカーレンタル)を借り,支笏湖へ。最強クラスの寒波が襲来し,気温は20時ごろの時点で氷点下15~20度でした。趣味の星景写真の撮影と,氷濤まつりへの参加を果たしました。氷点下の世界はなかなか幻想的でした。

ラーメンは1月にも行った「空」に行きました。

2月9日(土)

朝からルスツリゾートスキー場(北海道留寿都村)へ。近い札幌国際スキー場と迷いましたが,晴れていたのでルスツへ。片道70km程度だったと記憶しています。

北海道は気温が低いので,雪質がよくて最高でした。

夕方まで滑った後は10kmほど先の真狩村にある「まっかり温泉」へ。晴れていれば蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山が見えるのですが,惜しくも少し隠れてしまいました。日中でも氷点下10度を下回り,露天風呂に入って数分で髪がカチカチに凍りました。

夜に大通公園で開催されているさっぽろ雪まつりに参加。この日も寒かったので,雪ミクさん雪像の参拝を始め,ミクさん関連の雪像を足早に巡礼しました。

この日の夕食は,知人(社長の息子)に勧められた,海鮮の「北海道増毛町魚鮮水産すすきの店」に行きたかったのですが,満員で系列店の遠藤水産に。宮崎県産のブリがおいしかったです。

締めの一杯にはラーメン屋「すずらん」に行きました。写真は取りそびれました。

2月10日(日)

朝食はモーニングで倉式珈琲店札幌中島公園店へ。すすきの~大通公園はモーニングをやっている店が多いですが,中島公園駅付近はほとんどなかったのが誤算でした。

13時からZepp Sapporoでミクさんのライブに参加。オールスタンディングで,前から6~7列目でしっかり見ることができました! 並行して市内各所で開催されている初音ミクさん関連イベントを訪問しています。

編集者として見逃せない指摘も。

移動にはタイムズのカーシェアリングを使いました。

2月11日(月)

前日の疲れが激しく遅い朝に。12時に時計台などを観光し,そのままJRで新千歳空港に向かいました。空港では雪ミクスカイタウンでお土産を購入し,空港内の「花ぶさ」へ。空港の店舗ですが評判はよいお店です。サッポロクラシックを飲んで,今回の旅は終了です。

帰りもエア・ドゥを利用しました。

かかった費用

合計は一人当たり11万円でした。主な費用は以下の通り。

  • 交通関連費用(5万0000円)
  • 宿泊費(2万8000円)
  • 食費(1万6000円)
  • その他,入場料金など(1万6000円)

交通関連費用

長距離移動を伴う旅行では交通関連費用が高く付きますね。5万円のうち,3万7000円が航空料金,8000円がレンタカー関連費用,5000円が鉄道料金でした。

さっぽろ雪まつり開催期間中の3連休と重なり,需要がピークの時期なので航空機代が高かったです。出発の2か月以上前に割引運賃で購入しましたが,かなり高額となりました。例えば1か月後の3月22日(金)~25日(月)の同じ便の最安価格と比べると,往復で価格が1万円も違います(画像はエアトリ画面より)。

数百km単位の移動においては,速達性が上がると価格が高まります。例えば東京→大阪の移動は航空機の他,新幹線,高速バス,場合によっては在来線を使うなど実現可能な範囲で複数の選択肢があります。しかし,北海道に行く場合は所要時間とコストの両面で航空機がベストの場合がほとんどです。例えば東京→札幌は新幹線+特急で約8時間,片道2万6000円と航空機より遅くて高いです。

そこで,今回は航空機での移動を選びました。航空機代を下げるには,例えば,格安航空会社(LCC)が数多く発着する成田空港に変更する方法があります。同じ時間帯でも価格はさらに安くなります。

ただし,成田空港までの交通費・移動時間がかかるのが難点です。LCCは大手に比べて遅延が起こりやすいといわれます。昨年,同時期に札幌に行ったときは成田からバニラエアで行きましたが,到着は1時間近く遅れました。

エア・ドゥは成田発着のLCCより遅延率が低く,サービス低減により価格がJAL・ANAより安いです。今回はエア・ドゥを選びました。

航空運賃は事前割引があるので,日時が確定できたらなるべく早く予約します。割引運賃は変更不可である場合がほとんどなので要注意ですが,価格を下げるには有力な選択肢です。私の場合は出発2か月半前の2018年10月末に予約しました。行きが28日前までの,帰りは3日前までの割引運賃が適用となりました。三連休最終日の午後便は安いからすぐに埋まっていきますね。

現地では自動車関連費用(8000円)もそれなりに高くつきました。長距離移動があるため,少しグレードの高い車を選んだためです。航空機は1時間ほどの滞在ですが,今回の自動車移動は合計で4~5時間に及びました。

航空会社選びでLCCを用いたように,格安レンタカーを借りる手もあります。今回は利用しませんでしたが,乗り捨てができない,店舗営業時間が短い,車両が古いなどの難点が気にならないならば,コスパよく移動できる手段です。私は一人旅のときはよく利用していました。今回は17時から借りる流れになったので,前日17時~店舗営業時刻までサービスで借りることができるタイムズカーレンタルを利用しました。

なお,札幌市内だけの観光ならば車を借りずタクシー移動でもいいかもしれません。札幌市内のタクシーは初乗り運賃1.6km・670円です。地下鉄の初乗り運賃は200円なので,複数人での旅行ならタクシーを積極的に利用するのも手です。

今回の旅程では車でしか行けない遠方への移動があったため車を借りましたが,移動距離が短く,タクシーを拾いやすい都市部ではレンタカーではなくタクシー利用が便利でしょう。レンタカーはガソリン代や駐車料金も別途かかるのが費用の押し上げ要因にもなります。

鉄道(5000円)は主に空港までのアクセスです。これは削減が難しいですね。バスが並行しているエリアであれば,直行で行けるバスの活用も考えたいです。

宿泊費(2万8000円)

今回はライブハウスの近くに宿を取るという条件がありました。部屋で長く過ごすわけではないため,比較的安い部屋を選んだつもりです。繁華街からタクシーで初乗りの距離にあるのは良かったです。

宿泊は航空機以上の早さで埋まっていくため,旅程が決まった段階で最初に手配するのが大事です。遅くなればなるほど選択の余地が限られ,同じ部屋でも料金が上がっていきます。今回は楽天ポイントが貯まる「楽天トラベル」で手配しました。

食費(1万6000円)

旅行中は合計7回食事の機会があったので,平均価格2286円です。旅先での食事は「ちょっといいもの」を食べがちで普段より多くのお金を使ってしまいます。

その地方の名物を食べることが多く,たいていおいしいので幸せです。「この地方は食べ物がおいしくていいなあ!」と思うこともしばしばですが,平均価格を考えれば,旅を理由に単に良いものが食べてるだけのような気もします。

その他,入場料金など(1万6000円)

一番多くの費用がかかったのはスキーのレンタル費用とリフト券代です。合わせて1万1200円。スキーはそれなりにお金のかかるスポーツです。とはいえ他の方法が限られているため支払わないわけにはいきません。

施設の入場料金などには勤め先の福利厚生やクレジットカード・会員証付帯の割引が使える場合が多いので,旅行の際は持っていくといいことがあるかもしれません。札幌市時計台の入場料金(200円)がエポスカードの提示で180円になりました。

楽しく旅行できたので満足

今回は低コストをめざすというより,冬の北海道を満喫するような目的の旅でした。楽しかったので満足です。地下鉄を利用して駅から寒い中歩いたお店などは,タクシーで店の前まで移動したほうが費用対効果的には良かったかもしれません。今後の参考にしたいと思います。

◆できれば押してみてください!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。

旅行記録
スポンサーリンク
なまずんの「弱者のゲーム」――20代からの資産運用実践録

コメント

タイトルとURLをコピーしました