フォロワーさんが500人を突破しました【ありがとう】これまで心掛けてきたこと

当ブログについて

プチ有名人のなまずんです。
7月21日にフォロワーさんが500人を突破しました。

節目の数字だと思って以下をツイートしたところ,なんと70人以上の方からいいねをいただきました……! ありがとうございます。

この記事ではフォロワーさん数の推移と,アカウントを運営する上で私が心掛けてきたことを中心にまとめたいと思います。

スポンサーリンク

フォロワーさん数の推移

直近1か月の推移

直近1か月間では一貫して増加してきました

Twitterアナリティクスより

目盛が300から始まるせいで,見た目はかなりの右肩上がりです。編集者的には起点がゼロでない棒グラフはNGですね。理由は棒グラフは量を比較するためです(Twitter社の社内の人には学術論文の執筆経験がある人も多いだろうに,なぜこんな仕様なのでしょうか……笑)。

開設時(2018年3月)からの推移

長期的には以下の変動を示しています。

赤色部分が当月の増加分(7月は21日まで)。

振り返ってみて気づきましたが,月を追うごとに増加数そのものが増えています。

ブログPV数との関連

当ブログのPVもフォロワーさんの数と同じような長期推移を示しています。

赤色がPV数の推移。灰色がフォロワーさん数の推移です(PV数とフォロワー数の軸は同一ではありません。7月は21日まで)

グラフにしてみるときれいな相関があります。

フォロワーさんが増えたからPVが増えたのか,PVが増えたからフォロワーさんが増えたのかの因果関係まではここからは判断できませんが,当ブログの読者は流入はTwitterからが半数以上を占めるので,フォロワーさんが増えたからPVが増えたというのが現時点での合理的な推察です。

どんな策を取ってフォロワーを増やしたのか?

このような小見出しを付けておきながら恐縮ですが,フォロワー数を意識して特別な努力をしてきたわけではありません。ときにふざけつつ,自分の考えを発信してきただけです。

結果として,安定的にフォロワーさんが増えていることは率直にうれしいです。

ただ,数に目がくらんで本当に大切なものを見失ってしまっては本末転倒でしょう。今後もこれまで念頭に置いてきたことを振り返りながら運用していきたいです。

発信において注意してきたこと

「質×量」を意識し,フォローイベントと距離を置く

少々の語弊があることにはあらかじめお詫びします。これは私が別アカウントでの苦い経験を踏まえ,当アカウントを運営する上で最も重視してきたことの一つなので,少し強めの言葉で表現しました。

私自身は当アカウントの数倍のフォロワーを持つアカウントを複数運営しています。ただ,その中にはフォローイベント(RT&フォローで〇〇します,相互フォロー支援など)で「水増し」したようなアカウントがあることも事実です。

確かにフォロワーが多ければ,ツイートにはそれなりのインプレッションが付きますし,ときに影響力を及ぼす発信となることもあります。しかし,個々のフォロワーさんとの関係は薄く,当アカウントで経験するようなTwitter上での充実したやりとりや,Twitterから関係が深まることはほぼありませんでした。
参考 私がリボン付き金髪ロリじゃなかった件
参考 青井ノボルさん,ずずずさんとの「ラーメンずずずの会」をダイジェスト

フォロワーさん数はあくまでも量的な指標の一つに過ぎません。どうしても認知しやすい数字に注目しがちですが,直接目には見えない関係性,質的な要素が真に重要です。

当アカウント開設当初は1,2回ほどフォローイベントに便乗したこともありました。ケース・バイ・ケースで有用な場合もありますが,「質×量」を保つ上で支障を来すリスクがあることも事実です。
基本的にはフォローイベントは実施する側,参加する側ともに少し距離を置くつもりです。

Twitterでの交流を大事にする

これはTwitterでの人間的なやりとりを重視することです。例えば,

  • 祝い事には祝福の言葉をかける
  • 会話への突然の殴り込みを歓迎する
  • ボケにはツッコミかさらなるボケで応じる
  • 役立つ情報には引用RTを意識的に使う

など。周りの方の幸せに共感したり,来る人拒まずの姿勢を持ったりして,仲間を増やしていく
また,役立つ情報に触れたときは,RTで右から左へ流すだけでなく,自分として感じたことを添えて発信することで,発信源の人ともフォロワーさんとも交流のきっかけになるのではと考えています。

私がフォローする際にも,役立つと感じたアカウントさんのほか,交流が生まれそうなアカウントさんを優先的にフォローするようにしています。

意見を述べる時には反対意見に配慮する

これはリアル世界では常識ですから,Twitterでも常識であってほしい。
画面の向こうには人がいるのです。

自分の意見を繰り返し主張するだけでなく,相手の意見を聞くスタンスを持ってほしいと思います。どんな相手でも,「自分の知らないこと」を持っています
相手の話を聞くことが自分の成長機会でもあるはずです。

幸い,私のフォローしている方,フォローしていただいている方は自分の考えを押し付けるようなこともなく,(特にインデックス投資家の)心の余裕を感じます。
殺伐としたコミュニティもあるようなので,インデックス投資を選んでよかったです。

前向きな未来を展望して

記事を書いている間にフォロワーさんが520人くらいまで増加していました。
前向きなツイートは爆発的な反響こそありませんが,いただく反応は総じて前向きで,そういった雰囲気からフォローしてくださる方もいたかもしれません。
うれしいことは積極的に発信したほうがお互いに幸せになれそうです。

これまで絡みがなかった方も,リプ・DM大歓迎です! 多くの方の話を聞きながら自分の無知を知り,わからないことは教えを乞う姿勢を持って楽しくツイート生活を送ろうとと思います。

コメント

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。