ブログを毎日更新する利点と欠点の考察

雑記

ほぼ日更新のなまずんです。

8月はブログをほぼ毎日更新しました。この記事で8月は29投稿目です。当ブログは開設こそ2017年11月ですが,記事総数は当記事で92。約3分の1は今月投稿したわけですね。

高頻度で更新できるのか? と始めたときは疑問でしたが,1か月経ってみたら案外できたという感想です。その中で,メリットだけでなくデメリットも感じました。高頻度で更新したメリット3つ,デメリット2つをまとめます。

スポンサーリンク

高頻度更新のメリット

更新回数増加に伴って,ページビューが増

開設後2018年1月に入ってから本格的に書き始めたので,2018年に入ってからの月当たりの更新記事数と総ページビュー(PV)数をグラフ化しました。2月以来,右肩上がりに成長しています。

私のブログの場合,更新回数とPVには強い相関があります(相関係数=0.89)。9月に更新を減らせばPVは一気に少なくなる可能性が高いです(笑)。

PVの増加でアドセンス収益もそれなりになってきました。収益でどの株を買おう……!?

書きながらの学びが多い

テーマを決めて記事を書き始め,すんなり最後まで書ける場合はほぼありません。予備知識の不足や追加情報がほしくなるため,調べながらよちよちと書いている現状です。書いていると「あれ? この数字や制度で正しいのか?」と自らの理解を疑うことも多いです。例えば,2017年度のふるさと納税の利用総額は何億円だったとか……(笑)。

そのたびに官公庁など,なるべく信頼性の高いウェブサイト等から情報を得ることになります。確かな情報が自分の中に積み重なる感覚を持っています。

記事の公開後に補足情報をもらえることも多いです。例えば個人賠償責任保険に関する記事では,私が調べた方法(三井住友カード経由で契約)以外の情報提供をいただき,非常に勉強になった例です。

加入すべき「個人賠償責任保険」
8年前に自転車事故に遭ったなまずんです。 社会人になって「責任」が増えるにつれて保険について考える機会が多くなりました。 昨今,自転車運転中に死亡事故を起こし,1億円近...

編集という職業柄から,誤った情報を流さないことには注意しています(とはいえ間違いはあるかもしれません。そのときはご教示ください)。今後も学びながら執筆していきたいです。

情報感度が上がる

記事を書くにはネタが必要です。高頻度更新するには高頻度にネタを発掘しなければなりません。そのため,情報感度が否が応でも上がります

インデックス投資はそもそもネタが少ないジャンルなので,ときにネタに困ることもあるかも……(笑)。

ただ,記事にすることは別に「すごいこと」である必要はありませんよね。実践知としてまとめた小さな内容でも,一人でも参考になる方がいればよいと思います。

私の場合,20代の視点からこう思う! こう実践する! といった発信をできればと思います。

高頻度更新のデメリット

インプットの絶対量は減る

ブログを書くことは主にアウトプットの作業です。アウトプットの前にはインプットが絶対に必要。ですが,アウトプットに時間を割くとインプットの絶対量は減ると思います。

私の場合,筆が遅いので1記事を書くのにおよそ1.5~2.5時間程度かかります。もちろん,調べながら書くプロセスにはインプットも含まれますが,インプットの時間そのものは減っています。

ただ,インプットの時間が減ることが必ずしも悪いかというと,そうとは限らないです。「何が重要か」を知るのはアウトプットの段階なので,核心に迫る質の高いインプットのためには,アウトプットが不可欠です。

目的の薄いインプット(つまり,インプットの意味があまりない)を減らし,良質なインプットを増やすために,アウトプットは重要なプロセスです。

記事内容が中途半端になることも

高頻度更新を心掛けて心配なものの一つが,「更新」という手段の目的化が起こってしまうこと記事は更新するためにあるのではなく,何かを伝えるためにあります

高頻度更新した1か月を振り返ると,誰に対して書いたのかよくわからなかったり,調査が甘かったりする記事がありました。これらは手段が目的化してしまったと反省しています。

一方で,一定期間で数をこなすことで,読まれる記事とそうでない記事の違いがなんとなくわかるようになってきました。更新するからには読んでほしい。読んでもらったからには新しい価値を提供したい。一つの記事で読者の行動や気持ちを変えられたら,私にとってそれは喜ばしいことです。PVが多い記事=良記事というわけではありませんが,一つの指標として「いかに読んでもらうか」を考えていきたいと思います。

毎日更新はすごいこと

ブログ界では記事を毎日更新している人はごく少数派です。毎日更新している人が目立つから,高頻度に更新しなければならないというプレッシャーがあるのだと思います。

私もブログを始めてすぐの2~3月は4本ずつと,全然書けませんでした。でも,それでいいんです(自己弁護)。

自分の納得する充実した記事を,自分のペースに合わせて投稿していくのがベストではないかと,ブログを1か月間ほぼ毎日更新して考えた次第です。

コメント

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。