【仮想通貨】原資2倍の利益を挙げた1年からの,今後に向けた4つの学び

仮想通貨

2017年,ニュースを沸かせた「仮想通貨」
1年間で20倍,2年間で50倍以上になった相場で億単位の利益を得た「億り人」なんて流行り言葉も生まれました。

それに比べたら微々たるものですが,2017年の上昇相場ではインデックス投資メインの私も仮想通貨取引で利益を得ることができました。
一方で,インデックス投資ではほとんど行わないトレードの経験からわかった学びもありました。

仮想通貨を所持する人,検討している人にはもちろん読んでいただきたいですし,この学びは仮想通貨に限らず,個別株など別の金融商品にも共通です。
私のこれまでの購買行動と心理を,その当時の市況(ビットコイン価格)とともに振り返りながら,今後の教訓としてまとめていきます。

スポンサーリンク

保有仮想通貨と損益の振り返り

振り返りに際して,現在の私の状況です。

現在保有の仮想通貨

5月19日現在,保有している仮想通貨は総額55万円分ほど。
ビットコイン(BTC),イーサリアム(ETH),リスク(LSK),リップル(XRP)を所持しています。
割合もこの順ですが,特定の銘柄への偏りはありません。

かつて保有した仮想通貨

ビットコインキャッシュ(BCH),ライトコイン(LTC),ネム(XEM),オーガー(REP),ジーキャッシュ(ZEC),ダッシュ(DASH),モネロ(XMR),モナコイン(MONA)
その他,ビットフライヤー,コインチェック,Zaifで取引可能なコインは少額触ったことがある程度です。
保有額・歴とも一定程度あったのはBCH,LTC,XEM。

株式投資と同様に仮想通貨でも分散投資のメリットはありますが,期待されるほど効果は大きくない実感があります。
実体経済に裏付けられた株式市場は個別会社の業績が値動きに及ぼす影響が大きいです。
一方で仮想通貨は現在,どのプロジェクトも実体経済に大きな影響を及ぼしていません。
そのため通貨ごとの値動きの差はそれほど大きくなく,市場全体が上昇基調のときは総上げ,下落基調のときは総崩れとなることが多かったです。

損益

原資=最初は5万円で,追加投資を総額80万円
日本円に戻したのが173万円(118万円の利益)
現在仮想通貨としての保有額55万円(含み益25万円)
現在保有する仮想通貨の価値がゼロになっても,原資を2倍にできた計算です。

トレード振り返り

結果的には大きな利益を確定しました。
しかし,購入時に高値づかみをして,数か月は評価額が原資の半分程度になった時期もありました。

口座開設~元本割れの時期(2016年11月~2017年7月)

【2016年11月】ビットフライヤーで口座開設

チャートは「みんなの仮想通貨」より。矢印を加筆。

仮想通貨の最初の取引口座開設はビットフライヤーで行いました。
きっかけはマネーフォワードが毎年開催している「お金のEXPO」

ビットフライヤーが出展しており,「口座開設で100円分のBTCをプレゼント!」というキャンペーンに乗せられて口座開設(笑)。
それまで「ビットコイン」という言葉を知らなかったので,この出合いが全ての始まりでした(当時,1BTC=9万円)。

【2017年4月】BTC初購入

口座は開設したものの特に購入を行わずに5か月が経過。
2016年12月に1BTC=10万円を超え,2013年11月以来の10万円突破などのニュースが届いていたので,気になる存在になっていました(ビットフライヤーのマーケティングにうまく乗せられた笑)。

そして社会人2年目になった2017年4月,5万円分のBTCを購入!
今後仮想通貨が現実世界で使われるという展望への賛同や新時代の資産としての魅力から,長期投資の一環と考えて購入しました。

そもそも投資には,「余剰資金」「関心」「勉強」の3つが必要です。
このころは検討していた不動産購入を取りやめて余剰資金があったこと,余剰資金の長期的な運用に関心があったこと,iDeCo,NISA,ふるさと納税などの制度や種々の投資信託・ETFなどを入り口に金融商品の勉強を始めていたことなどが購入の後押しになりました。

【2017年5~6月】BTCでの買い物と高値づかみ

2017年4月からBTC決済を取り扱い始めたビックカメラで,BTCでカメラ用バッグを購入(5月上旬)。
ビックカメラがBTC決済を導入したことに仮想通貨界はかなり盛り上がり,私も「これがパラダイムシフトかな」と感慨深かった記憶があります。

今思えば,感動と毎日のように上昇するBTC価格(1BTC=20万円,30万円と次々に高値更新)によって,この時期は冷静さを失っていました。

40万円を追加投資し,存在を知った他の仮想通貨取引所(コインチェックやZaif)でアルトコイン(ETHやXRPなど)を購入。
5月中旬にアルトコイン関連の良いニュースから期待が高まり,相場は一気に上昇しました。
「上昇相場だ!乗り遅れまい!」と追加投資……!

……感情だけに任せたトレードは失敗に終わりました。
購入直後から下落し始め,見事にアルトコインの高値づかみに。
2週間後には約半値になってしまいました。
通勤電車の中で「ああ~!今買わないと!」などと焦りに任せて購入ボタンを押してしまったのが間違いの全てです。

BTCのグラフではそれほど大きくは下がっていませんが,アルトコインは大きく値を下げました。
6月には相場の下落が落ち着きましたが,アルトコイン主体のポートフォリオでは大幅な含み損の日々が続きます。

含み益~爆益(2017年8月~2017年12月上旬)

【2017年8~9月】ハードフォーク祭りで含み損を解消

その後,7月中旬まで落ち着いた値動きを見せた仮想通貨(しかしまだ大幅な含み損)。
価格が落ち着くとともに私も落ち着いて,今度は安いうちに購入すべく10万円ほど追加投資しました。
余剰資金的にはもっと多額を購入することもできましたが,これまでの損失のイメージがあり,心理的にかなり抵抗がありました。
相場が低調なときに購入するのは難しいものですね。

この時期の一番のニュースはBCH誕生の発表
BTCにはシステム上,大量の送金処理が行えないという弱点がありますが,これを解消しようとBTCから新たに分岐(ハードフォーク)したコインがBCH。

ハードフォークの何がすごいって,分岐時にBTCを持っていれば同額のBCHが付与されるところ。
一方で基軸通貨のBTCのハードフォークは仮想通貨コミュニティの信頼性への不安材料でもあり,当時,BTCを日本円に戻すべきか否かでTwitterやブログ上で議論になっていた記憶があります(結局私は戻さず)。

ハードフォークにより価格が下落するという推測もありましたが,結果的にはBCHにも高値が付き,安心感が戻ったBTCも価格上昇。
1BTC=40万円を突破し,さらに上値を更新していきました。

このニュースはテレビは全国紙でも取り扱われ新規参入者を増やし,次々と新コインを生み出す「ハードフォーク祭」も相まったBTC需要の高まりから8月末には1BTC=50万円に到達しました。
個人的にはこの上昇でようやく投資元本を回復
Twitterだけでなくリアルに仮想通貨の話が出てくるようになり,市況の変化を感じて15万円を追加投資(上昇相場のときは資金を大きく投入できる心理が働きます)。

【2017年10月~12月上旬】相場過熱!

勢いの付いた仮想通貨市場に膨大な資金流入があった時期です。
価格上昇が激しさを増します。
10月に入ると1BTC=60万円を突破
そのままの勢いで70万円も突破

私はもうこのへんで「バブルでは?」とかなり恐怖感を感じました。
困惑して一部を利確するも再度購入し直す謎トレードをしてしまいます(売却額<購入額となり,利益を一部取り逃がす……)。

11月26日には1BTC=100万円を突破。
このタイミングで10万円を追加投資(またしても上昇相場では気軽に投資)。

ここからは史上最大の盛り上がりで,わずか12日間で1BTC=200万円にまで到達します。
12月8日には1BTC=236万円(コインチェックのレート)まで上昇。
アルトコインも総上げで,ETH,XRP,XEMなども次々と最高値を更新していきました。

利確~現在(2017年12月中旬~2018年5月)

【2017年12月中旬~下旬】レンジ100万円の荒れ相場

1BTC=236万円(2万ドル目前!)という高値をつけた後,BTC相場は各国政府の規制などの話題が本格化するなどの影響で大荒れの様相を見せます。
最高値の2週間後には100万円近く下落し,一時1BTC=130万円を記録するなど,値動きは乱高下を極めました。

私も1日間で毎月の給与より大きな額が増減することに。
資産状況が常に気になってしまうというヤバイ状況になりました。

相場はダブルトップを付けて下落し始めるといいますが,まさに仮想通貨も2回目の山(1BTC=220万円)を付けて下落し始めます。
12月下旬には1BTC=200万円を割り込み不安になった私はそろそろ原資を引き上げることを考え始めました。

原資である85万円程度を利確(64万円の利益)
ダニエル・カーネマン著『ファスト&スロー』(早川書房)にもある通り,利益が出ている時点ではその利益を早く確定させたくなるのが人間の心理です。

【2018年1月】12月のお祭り上昇分を解消

2018年1月は年初に1BTC=200万円の回復を見せたものの一貫して下落し続けます(この時イーサリアムは1ETH=18.6万円と最高値を付けました)。
1月末には1BTC=100万円前後と,12月の爆上げを全て解消した水準に戻ります。

【2018年2月】さらに利確

2月初旬になると市場を取り巻く雰囲気が大きく変わってきました。

これまでは買い煽りなどのツイートが目立ち,価格が下落すれば「買い増しチャンス!」という人が必ずいたのですが,そういった動きが少なくなってきたのです。

それを見て私はまた不安に思い,さらに利確することにしました。
2月上旬に88万円程度を利確(利益54万円)
その後コインチェックによるXEM流出事件などが発生したことから,仮想通貨市場へ世間からの目が厳しくなっていきました。

【2018年3~5月】4月を底に5月は回復傾向にあるが,今後はわからない

2月までに大きく値を下げたBTCは3月,4月とゆるく下落が続きました。

4月1日には1BTC=70万円を割り込む動きを見せ,最高値から4か月程度で約3分の1に。
5月上旬には再び1BTC=100万円を超えてきましたが,勢いは弱いままです。

荒れた動きは少なくなりましたが,5月17日には仮想通貨のシステムの欠点を突いたMONAへの攻撃もあり,先行きは不透明な状況です。

仮想通貨取引からの学びと今後

仮想通貨はまだ新しい資産で,その価値も定まったものではありません。

今は新規性やバブルとも言える値動きで注目されていますが,この先普及化が進むに連れて本来評価されるべき「価値」が求められることになります。

この1年仮想通貨にかかわって,私としては100%以上の利回りの投資ができました。
それは結果的には成功でしたが,振り返るとどこで失敗(退場)してもおかしくないトレードをしていました。

1)急上昇相場での,焦りに任せたトレード
2)価格上昇後の購入,価格下落中の売却
3)含み益が少しでも出ると利確をしたくなる
4)過熱相場への無茶な参入

典型的なダメトレードww
でも実際にトレードしてみると本当に難しかったんです。

1年で20倍にもなった相場環境だから利益が出たのであり,例えば株式市場だったら大幅なマイナスになっていた可能性大です。

1)焦りに任せたトレードは大きな損失につながること
2)安く購入する重要性をわかってても,購入は心理的に難しいこと
3)相場が上昇し利益が出ている時はすぐ確定したくなること
4)過熱した相場はもとに戻ること

機械的にインデックス積立投資をしているとそのこれらの難しさをすっかり忘れてしまいますね。
よくあるように,私は大丈夫……と思ってトレードしていたつもりだったんですけど。
今後,トレードは控えようかなとあらためて思いました。
今持っている仮想通貨は長期にわたり持ち続けることとしよう……。

急に思い立って無茶なトレードをしないためにも,この経験を常に心に留めておきたいです。

コメント

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。