ソーシャルレンディングの分配金が入りました【2018年10月】

ソーシャルレンディング

ソーシャルなまずんです。

2018年7~8月に投資したソーシャルレンディングファンドから分配金が入りました。分配金は2018年9月が最初で,2か月目です。

スポンサーリンク

1223円(年率6%台)の分配金を入手

私はソーシャルレンディングに資産の一部を投資しています。その総額は30万円。利回りの良さにひかれて購入しました。

今回の分配金は1223円。

1つのローンファンドから2つの投資先に融資するので,件数は2倍になります。2018年7~9月にわたり複数のローンファンドを購入し,今回は2018年7~8月に投資したファンド(合計21万円)からの分配金でした。今回は1223円でしたので,年率では6%台後半の利回りになりそうです。

参考までに,累積の分配金額をグラフ化しました。まだ2か月なので,大したことはありません。

分配金は毎月出ますが,9月に購入した分は初回の分配日が11月です。

ソーシャルレンディングへの投資は様子見

ソーシャルレンディングはまだ歴史の浅い業界です。

1~3万円程度から投資でき,返済・運用が予定通り行われた場合は事前に提示された利回りを確実に得られるのがメリットですが,看過できないデメリットもあります

それは,融資先の情報公開に法的制限があるため,投資先を吟味できないこと。株式投資とは全く違うリスクで,返済が滞った場合,元本の大部分を毀損する可能性があります。

株式投資では倒産などにより価値が失われることがありますが,投資先企業は経営状況を見て選ぶことができますし,ETFなどの分散型商品を購入すれば元本の全てを失うような事態はまず起こりません。

一方,ソーシャルレンディングは融資先の経営状況などが具体的にわからないため,事前に返済がきっちり行われそうか投資家自身は関知できません(もっとも,仲介業者がきっちりと監視し,これまで貸し倒れが生じたことはないとされていますが)。

また,分散型商品もないため,資金は自ら分散させなければなりません。一度投資した後はETFや投資信託のように売却できないため,資金拘束されてしまうのもいざというときに困る点でしょう。

多額の資金をソーシャルレンディングにつぎ込むのは危険です。私はしばらく,原資を追加せず様子見で運用しようと思います。

コメント

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。