ソーシャルレンディングの仕組み

ソーシャルレンディング

なまずんです。
ソーシャルレンディングの仕組みについて,お金の流れに沿ってまとめました。

投資家と借り手の間には「投資」「貸付」という2つのお金の流れがあります。投資を考えているのであれば,この2つの違いとソーシャルレンディングの仕組みをきちんと理解しましょう。

スポンサーリンク

まずは投資にかかわる3者を整理

ソーシャルレンディングにかかわるのはソーシャルレンディング事業者投資家借り手の3者です。

ソーシャルレンディング事業者

投資家と借り手の間をつなぐ役割があります。主たる業務は借り手の募集・貸付と投資家の募集・受付です。借り手への貸付金利と投資家への分配利回りの差で収益を上げています。

投資家の募集には金融商品取引法に基づく金融商品取引業の登録,借り手への貸付は貸金業法に基づく貸金業の登録が必要とされます。表にすると以下のとおりです。

お金を集めるお金を貸す
金融商品取引業者貸金業者

事業者によって,1社で両方取得する場合と,分社化して2社に分ける場合があります。

投資家

投資家は資金を投資する人たちです。ソーシャル“レンディング”という名前ですが,投資家はお金を「貸す」わけではありません。あくまでも「投資」です。

つまり,ソーシャルレンディング事業者が倒産してしまった場合やローンファンド(後述)が資金回収できなかった場合には,元本を毀損することがあります。

借り手

ソーシャルレンディングで資金を借り入れられるのは個人ではなく,事業者です。

銀行より高い貸付金利のソーシャルレンディングを選ぶ背景には,銀行からの融資が受けられない,または銀行からの融資だけでは資金が足りない企業の資金需要にあります。

銀行の貸出基準では財務状況の良い新興企業,経営的に安定しているものの単年度赤字を出してしまった企業などは融資を受けられないことがあります。
また,貸出審査にかかる銀行の業務は手間がかかるため,業務負担の割に実入りの少ない少額・短期間の融資を渋る傾向にあります。こういった資金需要への融資サービスがソーシャルレンディングです。

例:不動産事業者で用地買収に資金が必要となった場合
1~2年程度の期間で融資を受け,用地買収・建物建設後に第三者へ売却し返済を行います。借入は融資契約のため,不動産などの担保が設定されることが多いです。

それぞれの役割と資金の流れ

ソーシャルレンディング事業者,投資家,借り手の間でのお金の流れを図解します。

 

ソーシャルレンディングの仕組み

「maneoのしくみ」を参考に作成
https://www.maneo.jp/apl/structure

①借り手からの融資申込【借り手】
業容拡大などを目的に,借入を希望する事業者からソーシャルレンディング事業者に融資を申し込みます。金利,借入額,返済期間などは借り手ごとに個別に決まります。

②審査と募集開始【ソーシャルレンディング事業者】
ソーシャルレンディング事業者は貸金業者として融資の可否を判断します。承認された場合,ソーシャルレンディング事業者はローンファンドを作り,投資家を募集します。

③ローンファンドの閲覧【投資家】
融資先,利回り,返済期間などの概要を閲覧し,投資家はローンファンドに投資すべきか判断します。融資先は業容・融資目的については公開されますが,会社の特定ができない範囲にとどまります。また,ローンファンドの融資先は必ず複数になるように設定されています。
これらの理由は無免許での貸金を禁ずる貸金業法の規定に基づくものです。

④ローンファンドへの投資【投資家】
ローンファンドへ投資する判断に至った場合,投資します。

⑤ローンファンド成立【ソーシャルレンディング事業者】
ローンファンドの募集が満額に到達するか,募集期間終了時点で成立条件を満たす場合,ローンファンドが成立します。成立しなかった場合は資金は投資家に返却されます。

⑥貸付の実行【ソーシャルレンディング事業者】
投資額を貸し付けます。法の解釈に基づき,一つのローンファンドは2件以上の貸付を行います。

⑦借入金として活用【借り手】
借入金を利用して事業運営を行います。

⑧利息を付けて返済【借り手】
ソーシャルレンディング事業者との融資契約に基づき,借りては融資金の元本と利息を返済します。

⑨返済金と利息の受取,投資家への分配【ソーシャルレンディング事業者】
受け取った返済金はローンファンドの概要に基づき,投資家に分配されます。

⑩分配金の受け取り【投資家】
返済金をソーシャルレンディング事業者から受け取ります。

貸付と投資の違いの理解を

繰り返しになりますが,私たち投資家目線では,ソーシャルレンディングは貸付ではなく,ローンファンドへの投資です。貸付を行うのはローンファンドで,その成果によって投資家に分配されるシステムです。

ソーシャルレンディング事業者は財務体質には問題のない企業のみに貸付を行うとしていますが,投資家は借り手の素性を知ることができません。投資家が得られる情報はローンファンドが公開するもので,借り手の業種や使途,返済計画について,大まかに記載したもののみとなります。

投資であるにもかかわらず,ローンファンドが提供する情報はわずかなもので,高利回りは期待できるものの元本割れの危険性もあることを最低限理解する必要があると言えます。

コメント

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。