自分の老後資金の必要額について20代の私はこう考える

私の投資戦略

なまずんです。

一般には3000万円が老後資金として必要と言われます。20代の私の周りにも,「老後に向けて3000万円必要! 逆算して毎月◯万円を貯蓄する」と言って節約と定期預金に励む知人がいます。また,「貯金ではなく投資で備える」と語って積立投資する人もいます。

若い頃から老後資金を準備することの是非には両論あるでしょう。私は投資を行う目的の一つには老後資金の準備が入りますので,どちらかと言えば賛成派です。しかし,退職目前の世代ならさておき,20代が「3000万円」という額面に振り回されるのは得策とは思えません。

よく言われる3000万円という金額の根拠は何でしょうか。それは,総務省の家計調査結果における高齢者の収入額と支出額の差から算出されたものです(三菱UFJ信託銀行 老後資金はいくら必要?どうやって貯める?)。つまり,いま退職しようとしている人がいくら持っていれば,平均的な生活を安心して送れるという水準です。

結論から言えば,老後資金に関して私は具体的な金額の目標を定めていません。というより現時点では不確実な要素が多すぎて,具体的にいくらと決めることが難しいのです。今は余剰資金をインデックス投資に回し,具体的な金額は40~50代と先が徐々に見えるにしたがって定めればよいと考えています。

スポンサーリンク

運用目的は2階層

いったん老後資金から離れて,そもそも,「貯蓄や投資は,目的か手段か」を考えます。

言わずもがな,貯蓄や投資は手段です。貯蓄や投資が目的になってしまえば本末転倒ですし,目的がなければそもそも自分の行動を評価し,軌道修正することができません。

もし,いち早く資産を築いてリタイア生活する目的で投資に取り組むならば,近い将来に高いリターンが必要です。生活費を切り詰めて投資元本を増やし,レバレッジを掛けた株投資・不動産投資に励む道などが候補に上がります。

一方で,私は節約の重要性を認めつつ,現在の生活を極端に切り詰めようという考えを持っていませんし,早めのリタイアを切望するとまでは言えません。投資の目的は今の余剰資金を運用し,将来の生活を担保,向上させることにあります。

整理すると,いま20代の私が余剰資金を投資する目的は以下の2階層です。①インフレによる資産の実質的な目減りを防ぐこと,②将来の資産を実質的に増やすこと。

①と②を見れば,老後資金と銘打っていないだけで,結果的に老後資金の準備にもつながっています。

目的に達するための手段がインデックス投資

さて,①インフレによる資産の実質的な目減りを防ぐことは,特に若い世代にとって思慮に値する課題です。インフレは物価の上昇であり,すなわち通貨の価値の下落です。

通貨は名目上の金額を保存できますから,今の1万円は将来にわたって名目上の1万円をキープできる特徴があります。その1万円を「何と交換できるか」という実質的な価値は物価の変動によって変化します。

短期的な変動をイメージしやすいのは野菜です。年による収穫高の増減で,同じ品質でも価格が安い年もあれば高い年もあります。

一方で,モノの価格は一般に,中長期的に上昇傾向が見られ,通貨の価値は下落してきました。

総務省統計局が発表する消費者物価指数の推移を見ると,1980年から2017年では約30%の上昇を示しています。1990年代後半から十数年は横ばい~下落が続いたものの,これほど長期に物価が停滞するのは世界各国を見ても珍しいです。ただし直近では再上昇しつつあり,日銀の政策目標(毎年2%程度のインフレ)や増税の結果,今後上昇する可能性もあります(図は世界経済のネタ帳より)。

グラフの示すとおり,20代の人たちは生まれて以来,物価の変動を実感したことがほぼありません。私にとっても,物心ついたころに購入した10円ガムは今も10円です。ゆえに,「今の1万円は将来も実質的に1万円の価値を保つ」と物価変動を織り込まずに中長期計画を安易に考えてしまいがちです。

あくまで冒頭の「老後資金は3000万円」というのは現在の年金生活者の話です。仮にこの金額が適切だとしても,20代の私たちは額面をうのみにするのではなく,「現在価値で3000万円」と考えなくてはなりません。

例えば,物価が年間2%ずつ上昇すれば,35年後には約2倍になっています。つまり2倍の6000万円程度が必要になる可能性があります。

物価の変動は先読みしづらいため,20代から老後資金を準備しようと考えるならば,通貨よりも物価の上昇にある程度連動しやすい株・債券などの金融資産や不動産などの実物資産に変えて持つ必要があるでしょう。

個別株などを購入しても良いですが,個別株の価格はその企業の業績に大きく影響されます。個人的見解として,なるべく投資先を分散させた市場全体の動きに連動するインデックス投資が有力候補であると考えます。

株式への投資はインフレ率を上回る可能性が大きい

そして,②将来の資産を実質的に増やすことについては,具体的な目標を立ててはいません。資産価格を押し上げる要因となる物価上昇の程度が予測できないだけでなく,そこからどの程度上振れ(または下振れ)するかはさらに読めないからです。

しかし,株式投資は経済成長に程度連動して資産価格が上昇してきただけでなく,企業の収益を原資に配当金が出るため,長期的にはインフレ率を上回るリターンが期待できる有望な投資先です。短期的に資産価格が下落する局面があるものの,過去数十年ではインフレ率を長期的に大きく上回ってきました。

JPモルガン・アセット・マネジメントの長期見通しでは今後10~15年程度で,年率5~6%程度の見通し(幾何平均では年率4%程度)とのこと。私としてはそれほどの成果が上がれば願ってもやみません。

冒頭の老後資金の話に立ち返れば,あわよくば価値の先送りだけでなく実質的にも増えてくれることを期待したいです。

◆ここを押す
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。

私の投資戦略
スポンサーリンク
なまずんの「弱者のゲーム」――20代からの資産運用実践録

コメント

タイトルとURLをコピーしました