ふるさと納税で「フライパン」! 良品発掘!

ふるさと納税

ゴールデンウィークも最終盤となりました。みなさん,いかがお過ごしでしょうか?
私は5月2日以外は休んでいました。連休を利用して星を見てきましたよ!

千葉県銚子市・犬吠埼に行きました!

連休前の天気予報とは打って変わって快晴で,とてもきれいでした!

スポンサーリンク

フライパンをいつ買い換える?

今朝のんびり目玉焼きを作っていて思い出したのですが,ここ数か月,「フライパンに料理がくっつく」んです。
今使っているのは1500円位で一昨年に買ったもの。コーティングが寿命みたいです。

コーティングが剥げて使いづらくなってしまいました。

今日も目玉焼きがくっついてしまいました(こちらは写真を撮り忘れ)。
皆さん,フライパンっていつ買い換えているのでしょうね。

安物でしたが,まだ使えると言えば使えるんですよね。

この状態で捨ててしまうのはもったいないような気がします。
新しいのを買うにも,似たような製品が多くてどれを買うか迷ってしまうのも少し面倒。
同じような理由で,くっつくフライパンを使い続けている人も多いのではないでしょうか?

「ふるさと納税」があるじゃないか!

そんな中,連休中にブログの過去記事を見直していて,昨年セラミック包丁などを「ふるさと納税」でもらったことを思い出しました(今も愛用中!)。

2017年のふるさと納税振り返り
2018年になってしまいましたが,2017年のふるさと納税報告です。ふるさと納税の詳しい仕組みとやり方については別ページを鋭意作成中です。 2017年ふるさと納税でもらったもの!...

そうです!
「包丁があるということは,フライパンもあるのでは?」
早速検索してみました!!

そしたら……あるある!!!

さとふるの検索画面。
フライパンそのもの以外もキーワードで拾っていますが,たくさん出てきました。

調べてみると返礼品にもいろいろあり,ステンレスからテフロン加工品,南部鉄器,セラミック……! 「取っ手のとれる~♪」まで!

ホームセンター顔負けの品揃えです。これは納税するしかない!

南部鉄器フライパンをチョイス

いろいろあって本当に迷いますが,今回は柳宗理の南部鉄器フライパン(宮崎県都農町)を選びました! これです!!

南部鉄器!!(なぜ宮崎県に?) 納税額1万円!!

南部鉄器を選んだ一番の理由は,寿命が長いから!
使い慣れたフライパンに寿命が来てしまい,悲しい思いをするのはもう最後にしたい……(笑)。
南部鉄器の寿命は100年と言われているようです。
それほど長く使えるかは不明ですが,試しに挑戦してみたいと思います(笑)

南部鉄器のフライパンはアルミフライパンに比べ重量はありますが,その分蓄熱性が高いという特徴があり,それが料理を美味しくするとも言われています。
重さに関しては今回は小さいものなのでそれほど気にならなそうなのも選んだ理由です。
鉄を使っていることから食べ物を通じて鉄分を補給できるなどとネット上には書かれているので,それも魅力的ですね。

ふるさと納税は良品を知るチャンス

ところで,普段の生活ではつい,何かを買う時に安価な物を選んでしまいがちです。
短寿命の物を買ってしまい,「安物買いの銭失い」になってしまうことも……。

これまでの自分の買い物を振り返っても,フライパンは毎回安物を買って1~2年で買い替えていました。
100年使えるフライパンが手の届く価格であるのに,なんともったいなかったことか……!

ふるさと納税の返礼品の金額上限は3割程度なので,納税額1万円のこの南部鉄器は3000円相当なのでしょうか。
最初から買っておけば,結果的に安く,良いものを使うことができたはず。

何も考えず安いものに手を伸ばしがちですから,今回はふるさと納税のおかげで良い勉強になりました。
ふるさと納税はこだわりの品が並んでいるので,各地の良い品を発掘する(でも今回は地域の品ではなさそう笑)という観点で調べて見るのも面白そうですね。

コメント

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。