インデックス投資の積立額は伸びているものの,リターンはほぼゼロ

投資戦略

積み立て式なまずんです。

2017年4月にiDeCoで開始し、同年11月から本格的に積み立てているインデックス投資(ETF,投資信託)の評価額が節目の金額になったので,状況を振り返ってみました。

スポンサーリンク

全体のリターン

結論から申し上げると,投資額に対して現在の評価額は+0.73%。ほとんどプラスにはなっていません。詳しくは後述しますが,私の現在のポートフォリオは国内・先進国・新興国の株式とリートで構成されています。

投資先ごとのリターン

アセットクラスごとの投資成績です。

 リターン構成割合
国内株式-1.6%20.1%
先進国株式+4.5%46.3%
新興国株式-8.7%14.3%
国内リート+3.7%4.9%
先進国リート+5.9%10.4%
新興国リート-7.4%4.1%

先進国リート,先進国株式,国内リートのリターンが高く,新興国株式と新興国リートは低調です

MSCIコクサイに連動するETFの2017年9月~2018年8月の値動き。2017年は上昇傾向,2018年に入ってからは上下を繰り返している。ブルームバーグより。

FTSEエマージング・インデックスに連動するETFのチャート。2018年に入ってからは下がり続けている。

かろうじてプラスであるものの,本格的に積み立て始めた2017年11月以降は世界的な株高が一服。推移が指数によってばらつきがあります。

今後の方針

現在の方針は以下の通りです。

 構成割合
国内株式20%
先進国株式45%
新興国株式15%
国内リート5%
先進国リート10%
新興国リート5%

積立開始から1年程度で簡単に利益が出るわけではないことは理解していますが,含み益がほぼゼロであることには正直複雑な気持ちです。まあ,相場が悪いことで平均購入価格を下げることができるので,仕込みの時期である今は愚直に継続あるのみですね。

構成割合はなんとなくで決定したポートフォリオなので再考の余地はあると思います。新興国への期待はあるのですが,全体に占める割合は高すぎる気も……笑。

まだまだ勉強が必要です!

コメント

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。