社会人3年目,積立投資額の実情を公開!

投資戦略

こんにちは。4月で社会人3年目になりました。今年も積立投資をしていきますよ!
新年度ということで,私がこれまで,そしてこれから,いくら積立投資をしているか書きたいと思います。

スポンサーリンク

年間240万円をインデックス投資

現在のところ,1年間に240万円を以下の割合で投資しています。月平均20万円ですね。

種 類積立額割 合積立方法
国内株式48万円20%761円を毎日積立+22,500円を毎月積立
先進国株式108万円45%1,740円を毎日積立+50,000円を毎月積立
新興国株式36万円15%90,000円を四半期に1回積立
国内リート12万円5%414円を毎日積立+500円を毎月積立
先進国リート24万円10%566円を毎日積立+7,000円を毎月積立
新興国リート12万円5%392円を毎日積立+1,000円を毎月積立

ややこしくてすみませんね~。毎日積立と毎月積立を併用? なにそれ? って声が聞こえてきそうです。
これにはややこしい理由があって,

・毎月積立よりも毎日積立のほうが,長期的に見ると若干パフォーマンスがよい
・私は楽天証券でiDeCo,NISA口座を作ったが,楽天証券は毎月積立しかできない
というどうしようもない状況に基づくものです。

つまり,iDeCoとNISA枠の合計(134万4000円)くらいまでは楽天証券で毎月積立し,それを超える分(105万4000円)はSBI証券の特定口座で毎日積立しているという感じです(笑)。

毎月20万円を積立投資して思うこと

毎月20万円ということは,仕事日に給与のうち1万円を投資に充当していると言えますね。
ちなみに,弊社は若手への給与が厚いのでこれでも現預金ができています。
とはいえ都内に一人暮らしである私は,自分の力というより親戚が住み家を低額(2万5000円/月)で貸してくれているのが大きいです。自分で部屋を借りたら現預金はそれほど増えないだろうな(笑)。

家賃というのは本当に大きな負担です。例えば月給20万円(手取り)で一人暮らししていたら全然積立投資はできなかったでしょう。できても月1~2万円が限界。
実家暮らしで月に20万円入ってくれば,そのうち10万円くらいは積立投資できそうですけれどもね。積立投資における実家最強説は,私の中での定説です

若い頃からの投資こそ,偉大なる「複利効果」を享受できる

私が(仕事よりも)積立投資に熱を上げている理由は,「複利効果」を享受したいから! ただそれだけ。

毎月20万円貯金や投資をした場合,10年後~40年後でいくらになるでしょう?

年間利回り10年後20年後30年後40年後備考
0%(貯金)2400万4800万7200万9600万1億円には届きません
3%(平均)2889万6642万1億1760万1億8639万53歳で資産1億円
5%(成功)3169万8332万1億6742万3億0441万49歳で1億円,59歳で2億円

いかがでしょうか?

銀行預金の利息が限りなく0に近い現在,貯蓄だけでは26歳から毎月20万円貯めても,40年後の退職時に1億円に満たない(20代の私にとっては,40年後くらいがちょうど退職時期)。

逆に3%の利回りを得られれば,資金は2億円近くに増えることになります。5%で運用できれば3億円ですね。

この表で0%と3%を比べると分かる通り,運用期間が長くなるほど増分に差が生まれてきます。
例えばはじめから10年後までの10年間の増分を考えると,3%(+2889万)のときと0%(+2400万)のときの差は489万円
しかし,30年後から40年後までの10年間の増分を考えると,3%(+6879万)のときと0%(+2400万)のときの差は4479万円

利息にさらに利息がつく「複利効果」により,これほどの差が生まれるのです。
複利効果は時間をかければかけるほど大きくなるのは計算結果から一目瞭然です。感覚ではわかりにくいですが,計算するとものすごい差があることに驚きましたよ。

3%の運用は可能か?

この問いに対する確実な答えは出すことができません。しかし学問的には十分可能な水準であるとされています(というより,統計的な平均より低く見積もっています)。
『ウォール街のランダム・ウォーカー』(原著第11版,バートン・マルキール,日本経済新聞社,2016年)では,株式は長期的には7%/年,債券は4%/年の成長を続けてきたとしています(一方で,その間には1.5%/年のインフレも進行していますが)。

これは世界の高度成長時代を含んだ数字なので,私は今後の平均的利回りをこれよりは低めに見積もって,平均利回りは年間3%程度ではないかと勝手に予測しています(仮に7%/年で40年間まで運用したら,5億円を超えます。すごいですね)。

年間240万円を積立投資し,早くに資金を作れば,アーリーリタイアするなり,のんびりと仕事をするなり選択肢が広がります。積立投資でこのような人生が開けたらうれしいですね。

コメント

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。