2018年3月の資産状況/インデックス投資4か月目

月次レポート

2018年3月の運用状況です。2017年11月からインデックス長期運用を開始して4か月が経過しました。

資産構成

資産内訳をグラフにするとこの通り。

 

今月から前月比の変動を掲載することにしました。あくまでも割合なので資産「額」の増減は反映しません。仮想通貨市場の下落に伴い,資産に占める割合は10%を割り込みました。
分類については以下のとおりです。

  • 銀行預金等=普通預金の他,電子マネー(Suica,Edyなど)です。
  • 投資信託=インデックスファンド,ETF(iDeCoの運用を含む)。
  • 株式=ETFを除く個別の株式です。
  • 仮想通貨=ビットコインなど。
  • その他資産=ポイントや商品券など。

中核戦略:インデックス投資(投資信託)の構成

上記の資産割合で18%を占める投資信託(緑色部分)の内訳は次の通りです。

国内=赤,先進国(日本除く)=青,新興国=黄 です。全てインデックスファンドで運用。

国内株式20%,先進国株式45%,新興国株式15%,国内リート5%,先進国リート10%,新興国リート5%の配分で積立を行っています。

基本戦略/分析・考察

photo credit: Got Credit Invest Key via photopin (license)

現在の状況と基本戦略について考察。中核戦略とサテライト戦略についてはこちら

1)銀行預金等

2月に仮想通貨の約半分を日本円に戻した関係で銀行預金の比率は6割以上。
生活費1年分ほどの預金を保有。

2)中核戦略:インデックス投資

投資信託

楽天証券に開設したNISA口座にて,月に1回下記のファンドを購入継続中。

  • 国内株式(三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド)
  • 先進国株式(たわらノーロード先進国株式)
  • 国内リート(ニッセイJリートインデックスファンド)
  • 先進国リート(たわらノーロード先進国リート)
  • 新興国リート(eMAXIS Slim新興国リートインデックス)

また,四半期に1回新興国株式ETF(バンガードVWO・新興国株式)を購入します。

SBI証券の特定口座にて,下記のファンドを購入。SBI証券は楽天証券と違って,毎日積立をしています。

  • 国内株式(三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド)
  • 先進国株式(たわらノーロード先進国株式)
  • 国内リート(ニッセイJリートインデックスファンド)
  • 先進国リート(たわらノーロード先進国リート)
  • 新興国リート(eMAXIS Slim新興国リートインデックス)

年金

iDeCoを活用中(掛金上限12,000円/月・楽天証券に開設)。下記を購入継続中。

  • 国内株式(三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド)
  • 先進国株式(たわらノーロード先進国株式)
  • 新興国株式(日興インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式)
  • 国内リート(三井住友dc日本リートインデックスファンド)
  • 先進国リート(三井住友・DC外国リートインデックスファンド)

毎月掛金拠出をするより,半年に1回まとめて拠出をするほうが手数料的に有利(約0.9%!)のため,拠出の時期を切り替え中です。関連記事↓

iDeCoの掛金拠出を年単位にまとめる理由
(2018/10/15追記) iDeCoの制度変更に伴い,記事の大幅更新を行いました。以前は年1回の拠出の場合は確定申告が必須で,当ブログでは確定申告不要者には年2回の拠出方法を...

3)サテライト戦略

仮想通貨

2017年12月には総資産の39%,2018年1月には総資産の37%を締めていましたが,2月に約半分を売却,3月の下落相場で総資産に占める割合は10%未満となりました。
個別銘柄ではBTC,ETH,XRP,LSKを所持。bitFlyer,coincheck,Zaif,GMOコインに口座を持っています。

株式(現物)

2015年~2017年にかけて4社に投資(先月まで3社と記載していましたが,4社でした)。

今後の運用戦略

投資戦略

photo credit: Got Credit Strategy via photopin (license)

1)預金・貯金

銀行預金は生活防衛資金として生活費2年分を確保しろ! というインデックス投資ブロガー水瀬ケンイチさんの記事を参考に2年分程度の確保をめざします。

東日本大震災でわかった「生活防衛資金」の必要額と最適商品
投資に当たっては、投資資金とは別に、リストラや長期入院など非常時のための「生活防衛資金」を確保しておくことが必要だということを、当ブログではしつこいくらいに言ってきました。マネー誌などに取材された時にも、誌面にはポートフォリオやファンド名などだけでなく、生活防衛資金を別途確保しておくことを小さい文字でもいいから必ず記載...

2)中核戦略:インデックス投資

投資信託

国内株式20%,先進国株式45%,新興国株式15%,国内リート5%,先進国リート10%,新興国リート5%を目安に継続購入予定。

年金

iDeCo掛金を 毎月12,000円 ⇒ 年間144,000円(6月と12月に72,000円ずつ額拠出)への変更を提出。3月引落分から反映される見込み。

3)サテライト戦略

仮想通貨

相場はヨコヨコ~下落傾向。また吹き上がると考えて保有を継続。

総括

投資信託が2番目に多い資産になるなど,徐々にドルコスト平均法・インデックス投資が主役になってきました。4月は四半期に1回の新興国株式ETF購入月です。継続は力なりと信じて投資していきます。

コメント

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。