資産運用・投資戦略

資産運用・投資戦略 資産運用・投資戦略
スポンサーリンク
証券会社・運用会社

たわらノーロード 先進国株式とバランス(8資産均等型)の信託報酬が引き下げ

2019年9月13日,低コストインデックスファンドシリーズ「たわらノーロード」を運用するアセットマネジメントOneから,「たわらノーロード 先進国株式」と「たわらノーロード バラン...
インデックス投資

「『意外かもしれないけれども大切な』10の運用常識」で知識の再確認

2019年9月10日付の楽天証券トウシルに興味深い記事が公開されました。タイトルは「『意外かもしれないけれども大切な』10の運用常識」です。 長年投資に携わる人にとっては常識...
インデックス投資

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドと楽天VTIの比較

日本のインデックスファンド界に,また新たな選択肢が登場しました。8月27日に設定が発表された「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」です(SBI証券のプレ...
私の投資戦略

なるべく早く投資を始めることを勧めたい7つの理由

私が余剰資金でインデックス投資を始めたのは社会人2年目の2017年でした。iDeCoを4月に開設し,11月にNISA口座で積立投資を始めました。 その頃に,インデックス投資の...
インデックス投資

「たわらノーロード 全世界株式」の新規設定と全世界株式クラスのファンド比較(2019年7月)

2019年7月22日に,アセットマネジメントOneが提供する「たわらノーロード 全世界株式」が設定され,購入できるようになりました。 アセットマネジメントOneはインデックス...
インデックス投資

「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の分析と評価(三菱UFJ国際投信)

この記事では,高い人気を集める投資信託「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の基本情報と評価についてまとめます。 なまずん 結論から言えば,...
証券会社・運用会社

米国株・米国籍ETFが1株から買いやすくなる――マネックス証券,SBI証券,楽天証券の米国株最低取引手数料撤廃で

ネット証券の楽天証券が2019年7月5日,米国株の最低取引手数料の引き下げを発表しました。以前は5ドル(税抜,以下同じ)だったものを,500分の1の0.01ドルに引き下げるというも...
2019.07.15
私の投資戦略

20歳で学んだ13の投資マインド

自宅にて机周りを整理していたところ,色あせた一枚のメモが出てきました。 これは私が20歳の頃のメモで,ある実業家が教えてくれた「投資に関する13のマインド」です。今日...
2019.06.29
私の投資戦略

20代の私が考える,老後資金の準備について

なまずんです。 金融庁金融審議会「市場ワーキング・グループ」が2019年6月3日に出した報告書「高齢社会における資産形成・管理」が話題となりました。その内容に,「公的年金だけ...
インデックス投資

「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」が信託報酬を引き下げ――ライバルファンドより早い切り下げを敢行

なまずんです。 2019年6月3日,人気インデックスファンド「eMAXIS Slim先進国株式インデックス(以下,eMAXIS Slim先進国株式)」を運用する三菱UFJ国際...
タイトルとURLをコピーしました