NISA

スポンサーリンク
証券会社・運用会社

【2024年5月】日本債券インデックスファンドのリターン比較とおすすめ【リターン・信託報酬・実質コスト・純資産総額の一覧】

この記事は主要なインデックスファンドのリターンを比較するシリーズの「日本債券」編です。NISAの成長投資枠対象の商品を取り扱っています。 インデックスファンドのリターンは、「配当込...
NISA・つみたてNISA

特定口座の投資信託を売却して新NISAに移すべきか(1)投資する金額が1800万円未満の場合

いよいよ、2024年1月から「新しいNISA」(新NISA)が始まります。新NISAは年間投資可能額360万円、生涯投資枠1800万円の大きな非課税枠が魅力的な制度で、利益に対する...
NISA・つみたてNISA

特定口座の投資信託を売却して新NISAに移すべきか(2)投資する金額が1800万円以上の場合

この記事では、現在特定口座で投資信託を持っている人が、2024年から始まる「新しいNISA」(新NISA)の枠をどう使っていくのがよいのかの検討結果をまとめています。 全2回に分け...
NISA・つみたてNISA

恒久NISAが始まったら特定口座の投資信託を移行すべきか?

本記事にはアップデート版があります。以下の2記事をご覧ください。 導入に向けた議論が進行中の「恒久的な非課税枠がある新しいNISA制度」(以下、恒久NISA)。まだ制度に関する確定...
NISA・つみたてNISA

恒久NISAが始まったら特定口座の投資信託を移行すべきか?(2)含み損の場合には……

本記事にはアップデート版があります。以下の2記事をご覧ください。 前回の記事では、現在、議論が進んでいる恒久的な非課税枠のある新しいNISA制度(恒久NISA)に、含み益がある特定...
NISA・つみたてNISA

「つみたてNISA」が400万口座を突破,利益が出ていても売却せずに続けたい

10月18日につみたてNISAの近況に関するコラムが,ニッセイ基礎研究所のウェブサイトに掲載されています。 つみたてNISAの口座数は昨年の約2倍のペースで増加しています。また,多...
私の投資戦略

楽天カードでの積立投信買付設定を行うか

なまずんです。 楽天証券が8月29日,楽天カードでの積立投信買付に楽天スーパーポイントを1%付与すると発表しました。 サービス概要 積立がクレジットカードから引き落とされる 投資信...