スポンサーリンク
証券会社・運用会社

【2022年5月】アクティブファンドのリターン比較【リターン・信託報酬・実質コスト・純資産総額の一覧】

この記事はつみたてNISA対象の商品のリターンを比較・一覧する以下のまとめのアクティブファンド編です。 つみたてNISAの対象商品には...
2022.05.02
保険

クレカ会社からの紹介で無料FP相談に行ったら保険の営業づくめだった

ある日のこと。利用しているクレジットカード会社から突然、電話がかかってきました。 「家計改善・資産形成のためのFP(ファイナンシャル・プランナー)に相談してみませんか?」「F...
証券会社・運用会社

「Smart-i Select 全世界株式」「Smart-i Select 全世界株式(除く日本)」がeMAXIS Slimと同水準の信託報酬で登場

2022年4月27日に、りそなアセットマネジメントが以下の2本のファンドを新設しました。 Smart-i Select 全世界株式インデックス Smari-i Se...
証券会社・運用会社

i-SMTシリーズが信託報酬引き下げ&「My SMT」シリーズに名称変更

2022年3月29日に設定された低コストインデックスファンドシリーズ「My SMT シリーズ」(三井住友トラスト・アセットマネジメント)に関するニュースが入ってきました。 こ...
私の投資戦略

30歳で金融資産3000万円に到達するまでに考えてきたこと

毎月末の運用状況の記事にも書いているとおり、2022年3月末時点で世帯の金融資産が3000万円に初めて届きました。 資産額は夫婦での合...
インデックス投資

新興国株式と先進国株式のリターンには差があるのか

4月14日のモーニングスターの記事に、気になるテーマがありました。「新興国株式」を投資対象に含めるか? といった内容でしたが、私は記事のなかで「新興国株式と先進国株式にリターンの差...
私の投資戦略

インフレ対策としてのインデックス投資

「物価上昇」がだんだんと現実味を帯びてきました。欧米ではここ数か月、前年比で4~6%台かそれ以上の物価上昇率を記録しています。国内でも値上げのニュースが続いていますね。 コロナ禍...
その他税金

社会人3年目の手取りが2年目より減る理由――住民税の負担が増える落とし穴

会社が支払う「額面の給与」と,会社に勤めている人がもらう「手取り給与」に,大きな差があることに,社会人になると驚くことでしょう。会社から私たちの銀行口座に振り込まれる「手取り給与」...
2022.04.07
証券会社・運用会社

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)が純資産総額5000億円を突破!

2022年4月5日に「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」が純資産総額5000億円を突破しました。 2018年10月末の設定から約3年...
インデックス投資

東証新市場区分がスタート! インデックスファンドへの短期的な影響は小さい

2022年4月4日に、東京証券取引所(東証)の市場区分が新しくなりました。日本株を代表する指数のTOPIXもある程度の影響を受ける変更です。 市場区分の変更の概要...
タイトルとURLをコピーしました