純資産総額1000億円になった「SBI・V・全米株式」とそれ以上に売れ続ける「楽天・全米株式」

220820 純資産総額1000億円になった「SBI・V・全米株式」とそれ以上に売れ続ける「楽天・全米株式」証券会社・運用会社
この記事は約4分で読めます。

2021年6月に設定された超低コストインデックスファンドSBI・V・全米株式」が、2022年8月17日に純資産総額1000億円を突破しました。

設定から1年2か月での到達です。早い!

スポンサーリンク

ライバルの「楽天・全米株式」より信託報酬が安い「SBI・V・全米株式」

「SBI・V・全米株式」はCRSP U.S. Total Market指数に連動するインデックスファンドです。運用方式はバンガードのVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)をひたすら購入していくというもので、これは「楽天・全米株式」(楽天VTI)とまったく同じです。

この2つのファンドの過去のリターンや信託報酬、設定日といったスペックを比較してみました。注目したいのは信託報酬に差があることです。リターンは2022年7月末時点、信託報酬・純資産総額(百万円)・運用方法は執筆時点のデータです。

名称1年
リターン
3年
リターン
信託報酬純資産
総額
運用方法
SBI・V
全米株式
10.82%0.088%101,439マザーファンドを通じて
VTIをひたすら購入
楽天
全米株式
10.76%69.79%0.150%689,875マザーファンドを通じて
VTIをひたすら購入

直近1年間のリターンは「SBI・V・全米株式」に軍配が上がっていますが、ほぼ互角というところ。

下の記事にまとめていますが、運用当初はコストの比率が高いのか、最初は「SBI・V・全米株式」が後れを取っていました。1年経った時点では「SBI・V・全米株式」が少しリードしている状態になっています。

信託報酬が安い分、このまま「SBI・V・全米株式」が有利になるのか注目しています。

◆リターン比較の詳細は過去に記事の後半をどうぞ。

SBI・V・全米株式(SBI・VTI)と楽天・全米株式(楽天VTI)ではどっちがリターンが良い?【2022年7月】
人気の米国株インデックスファンドのうち、この記事ではCRSP USトータル・マーケット・インデックスに連動する2つのファンドの運用状況を比較します。 1つは、2017年に設定...

SBIアセットマネジメントの米国株式インデックスファンドでは、S&P500に連動する「SBI・V・S&P500」がよく売れていますが、こちらも1年で1000億円ほど売れていて、よく売れているといえます。

月間資金流入では「楽天・全米株式」が2~4倍

さて、純資産総額は3年9か月も早く設定された「楽天・全米株式」のほうが大きく、「SBI・V・全米株式」とこれまでの推移を比べるとまだ大きな差がついています。

楽天・全米株式とSBI・V・全米株式の比較

「SBI・V・全米株式」が1000億円に達するまでの期間に、「楽天・全米株式」は約4000億円も純資産総額を伸ばしました。

ただし、上のグラフは基準価額の変動の影響を受けます。ですが、日次の流入・流出を比較したモーニングスターの集計した月次資金流出入額を比べても、「楽天・全米株式」のほうが2~4倍多いです。

◆楽天・全米株式の月次資金流入

楽天VTIの月次資金流入

◆SBI・V・全米株式の月次資金流入(注:縦軸が異なります)

SBIVTIの月次資金流入

縦軸が異なるところに要注意です。「SBI・V・全米株式」もよく売れていますが、「楽天・全米株式」はそれをかなり上回っていますね。「SBI・V・全米株式」に大きく奪われたような感じはありません。

これには「SBI・V・全米株式」はSBI証券でしか買えないのに対して、「楽天・全米株式」は多くのネット証券で買えるという販路の差があると思われます。このままでは資金流入額が逆転するのは難しいと思われますし、信託報酬が相対的に高い「楽天・全米株式」が「SBI・V・全米株式」を意識して信託報酬を下げる……という期待もあまり持てません。

当面は「『楽天・全米株式』のほうが信託報酬が高いけれど、売れ行きは良い」という状況が続くと思われます。

運用状況も悪くありませんから、「SBI・V・全米株式」と「楽天・全米株式」のどちらも買えるSBI証券なら、「SBI・V・全米株式」を選ぶほうが良いかなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました