インデックス投資の基準価額を見てしまう行動経済学

投資のリスク

なまずんです。

株式市場が世界的に低調になった先週,通勤列車に乗っていると30代くらいの人がスマホで,インデックス投資信託の基準価額をずっと眺めていました。

周りの人のスマートフォンを覗き見ることが良いことではないと思いつつ,目の前でeMAXIS SlimやiFreeの先進国株式インデックスファンドの基準価額の推移をずっと確認していたんですもの……。ついつい様子を眺めてしまいました。

スポンサーリンク

今後も長くホールドするつもりなら,基準価額を見る意味がない

先週は相場が荒れました。推察の域を出ませんが,この人は自分の持っている投資信託の現時点での含み損益が気になっていたのではないでしょうか。

私は基準価額がどう推移しているかそれほど気にすることはありません。月に1回,報告記事を書く際の確認に加え,情報収集として時々見る程度です。

あと数十年の長期投資を前提とする私にとって,現在の基準価額を気にする行動にあまり意味がないからです。個別株ならまだしも,毎月積み立てのインデックスファンドへの長期投資は,価格変動によって取り得る行動が変わるわけではありません。

誰もが購入時の価格を基準に考える

ただ,心理的に気になる感覚はとてもよくわかります。積立投資を始めた頃は私もよく基準価額を見て,買った投資信託の損益を確認していました。

これには行動経済学の「参照点」,「損失回避」という心理が働いています。いずれもノーベル経済学賞を受賞した心理学者,ダニエル・カーネマンの提唱した心理現象です。

参照点とは自分が購入した価格を基準に物事を判断してしまう心理です。「基準価額が下がったけど,含み益が出ているから一安心」などは特に根拠のない安心感ですし,「含み損が出ていて居ても立ってもいられない」という感情が短期的に保有銘柄を売ってしまう原因の一つになります。

損失回避とは人間は得するよりも損するほうが心理的な動揺が大きいことです。含み益が出ているときは利益を確定したくなりますし,含み損が出ているときは同額の含み益が出ているときよりもダメージが大きくなります。

しかし,いずれもリターンにとってはマイナスの影響しか及ぼしません。含み損が出ているからといって売ってしまっては今後の価格上昇の恩恵を受けることができませんし,含み益が出ているときに利確すれば税金がかかってきます。

私もときどき基準価額の変動が気になる局面はありますが,このような人間の性質を知っていることでコントロールができています。まして,中核に据える戦略は,心理の影響が少ないインデックス積立投資です。

価格変動が気になりすぎるなら,リスク許容度を超えているかも

以上を知っているにもかかわらず,価格変動が心理的に大きな影響を及ぼしている場合は,リスクのとりすぎでしょう。私も投資信託以外の取引で,結果的にリスクを取りすぎた経験があります。

なくなって困る金額ではなかったのですが,心理学を全く勉強していなかったため,本当に無知でした。そのため,資産価格が気になり振り回されていたと思います。行動経済学的な人間の性質を踏まえた上で,資産価格の増減があまりに気になるようならば,無リスク資産のポジションを増やすなどの対処が必要と感じます。

コメント

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。