本業や趣味を生かして副業に取り組む

210925本業や趣味を生かして副業に取り組む仕事観
この記事は約4分で読めます。

投資するには余剰資金が必要です。収入と支出の差が余剰資金ですから,投資金額を増やすためには,支出を減らすか,収入を増やさなくてはなりません。

収入を増やす方法の一つが副業を始めることです。

私の場合は,本業や趣味で得た知識・技術や,資産運用を通じて理解したことを生かした副業に挑戦しています。といっても,特別な設備投資を必要とせず,かつ,自分のペースでやりたいことをやっている程度です。いくつかは撤退したものもあります。

収益も,年間での収益は確定申告が必要になるかどうかという程度です。

その程度でも収益が上がるとうれしいですし,自分の判断で新しいことに取り組むことは楽しいです。

スポンサーリンク

取り組んでいるおもな副業2つ

現在,私が空き時間を使って取り組んでいる副業はおもに2種類あります。

  • ブログ運営
  • 校正・添削サービスの提供

いずれも本業や趣味,そして資産運用の実践を生かして取り組んでいるものです。

まったく新しい分野に飛び込むのもありですが,すでに持っている知識・技術を足がかりに展開するほうが成功しやすいと私は思います。

ブログ運営

ブログは3つを運営しています。資産運用の実践を記録したこのブログがその1つです。ほかに趣味に関連した情報サイトを運営しています。

3つ合わせて,月に10記事くらいを更新しています。副業収入の9割近くはブログ由来です。

商品販売のアフィリエイトで稼ぐタイプのブロガーもいますが,私の紹介しているジャンルは,残念ながらいずれもそのような商品がありません。収益のほとんどはGoogleアドセンスによる広告収入です。

ブログへの導線は,SNSから誘導する方法もありますが,SNSの運用も限られた時間ではなかなか大変です。そこで,検索流入に主眼をおき,どんな人にどのような話題を届けるかを重視した構成・内容で記事を作るようにしています。

なお,資産運用ブログは話題が古くなりがちですが,趣味のジャンルには情報が古くなりにくく,競合も少ないテーマもあります。たとえば珍しい観葉植物の育て方や創作折り紙の紹介など,ニッチな趣味があれば,更新の頻度が低くても収益化できるかもしれません

私は文章を書くのが好きなのでブログを選びましたが,動画作りが好きなら動画投稿者をめざす道もあります。また,文章でも動画でもなく,音声メディアに合った内容もあるかもしれません。

校正・添削サービスの提供

もう一つは,ココナラなどのスキルマーケットプラットフォームを通じて,文章づくりの助言をするサービスを始めています。

誰もが簡単に発信できるいまの時代に,わかりやすく,かつ正確に伝える技術はとても重要です。一方で,一般の人がその技術を学ぶ機会はあまりないというのが現実です。

実際に,文章力不足ゆえに言いたいことが伝わらなくなっているウェブ記事はよく見かけます。特定の分野では専門家でも,書き手としては素人であることが多いのです。

私としてはこの点に問題意識を持って始めた副業でした。大して宣伝していない割に,問い合わせを受けることが多い印象です。ウェブメディアの原稿のチェックや中小企業のオウンドメディアの校正・リライト,販売用noteの添削が多いです。

私は本業でもブログでも文章をつくることに携わっています。その点では本業・副業で得たスキルを転用しての横展開しています。この「スキルの転用」というのは副業探しにおいて可能性のある分野です。

結婚式を挙げるときには,動画編集の技術を持つ人へ余興動画を依頼したり,書道を習ってきた人に招待状の宛名書きを頼むことを検討しました。「一芸に秀でる」ということがそのまま副業になります。

仕事に役立つスキルの転用だけでなく,例えば郷土料理のレクチャーや,恋愛相談のようなジャンルも「その技能を買いたい!」と思ってくれる人がいるかもしれませんね。

なお,この副業は基本的に「待ち」の姿勢になります。収益を安定させるには,個人向けだけでなく,法人にまとまった量の依頼をもらうなどの工夫ができるとよいかもしれません。

もし文章づくりにお困りのことがあれば気軽にご相談ください!

まずは挑戦してみよう!

私も過去には撤退した副業もあります。クラウドワークスでウェブ記事の執筆やYouTube原稿の制作を請け負ったこともありましたが,現在は新たに受けることをやめました。このサービスは粗製乱造メディアの記事づくりに使われているような面があって,気に入らないところもありました。

ほかにも,ブログはいくつも作ってやめてを繰り返しています。YouTubeにも実は数本を投稿したことがありますが,これも日の目を見ずに終わりました。

また,これは細々ながら,趣味で撮影した写真をストックフォトサービスに登録し,利用料金を得るという負荷の少ない小遣い稼ぎ(?)にも取り組んでいます。

副業には始めるまでにお金や時間をそれほど必要としないものも多いです。裏を返せば,撤退するのも簡単です。

やりたいと思ったらまずは始めてみることが大事です。ダメだとわかることもまた重要で,やりながら自分にあっているかどうかを確認していくのがよいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました