「お金をいくら家に入れるか」実家暮らし社会人に実際に聞いてみた

奨学金

みなさんはすでに,生まれ育った実家を出ましたか? 勤務先が実家から通える距離にある場合,実家から通勤しているという人も多いのではないでしょうか。

特に,20代の頃は実家暮らしの人はたくさんいます。そこで,20代同士の会話では,「実家暮らしの社会人は,家にいくらお金を入れるか?」という話題になることもよくありますね。

各人・各家の考え方がありますので,この問いに正解はありません。だからこそ周りの人がどう考えているか気になりました。実際に,実家暮らしの方はどうしているのでしょうか。

なまずん
なまずん

早速,周りの人にインタビューしてみました!

スポンサーリンク

実際に聞いてみた!

実家暮らし・お金を入れる派の言葉

まずは,私の周りにいる「実家にお金を入れる派」社会人の主張です。

社会人1年目・女性(情報系)

ーー毎月いくら家に入れていますか?
毎月5万円を実家に入れています。

ーー結構多いですね~。その金額設定の理由は?
携帯通信料,公共料金,食費など自分の生活コスト分としてです。実際それくらいなんでしょうかね。

ーーそうですか。それって適正価格なんでしょうか?
両親の言い値です。でも一人暮らしよりは安いので文句は言えません笑。

なまずん
なまずん

一人暮らしよりはだいぶ安いですからね。5万円って,東京都心だったら部屋を借りるのも難しいでしょう。

社会人2年目・女性(金融系)

ーー毎月いくら家に入れていますか?
実家には毎月2万円を入れています。

ーーなるほど。お金を入れる理由は?
これまで自分に多くのお金を使ってくれた両親への感謝だと思っています。もう少し自由な環境がほしいので,いずれは一人暮らしをしたいと思って貯金中です。

ーー順調に貯まっていますか?
そこそこです笑。でも,今の給与のままだと一人暮らしでは貯金は増えないですね。

なまずん
なまずん

貯金,頑張ってください! 貯蓄環境は実家のほうが圧倒的に良いですから!

社会人3年目・男性(コンサルタント)

ーー毎月いくら家に入れていますか?
5万円です。年に3回のボーナス月は+3万円多めに入れています。

ーー3回もボーナスがあってうらやましい。5万円という金額は結構多いですね。
昨年までは3万円でした。今年,両親とも退職し,年金だけでは足りないので多めに入れています。家計を支えるとまでは言えないものの,私の収入がないと厳しいみたいです。

ーー一人暮らしはしないんですか?
実家に通える範囲で働くうちは実家から通います。

なまずん
なまずん

実家から通えるエリアに職場があって本当にうらやましい。私の実家は1時間に1本しか列車が来ない最寄駅まで20kmという遠隔地でしたので……。

実家暮らし・お金を入れない派社会人の言葉

続いて,「実家暮らし・お金を入れない派」社会人の主張です。

社会人3年目・男性(医療系)

ーー実家にお金は入れないんですか?
今のところ入れていません。

ーー理由は何でしょう?
両親に申し出たものの,いらないと言われました。生活費の余剰分は貯蓄しています。両親とも現役で働いていて,私の学費がなくなった分負担は軽くなったと言います。

ーー貯蓄は何に使う予定ですか。
近く結婚・転居するのでその資金にします。

なまずん
なまずん

学費を払いきったご両親には本当にお疲れ様でしたとお伝えしたいです。そして結婚おめでとうございます。

社会人2年目・女性(事務系)

ーー実家にお金は入れないんですか?
そうですね。両親と相談してそうなりました。

ーーお金持ちなんですかね。
いえ,そういうわけではないです。むしろ余裕がないほうです。家にお金を入れたいのですが,私もそれほど余裕が無いので……。

ーーそうですか。
奨学金を借りたので,その返済にあてています。負担感はありますが,奨学金のおかげで大学進学できました。地道に返済したいと思います。

なまずん
なまずん

奨学金の返済って大きいんですよね。私も返済中なので,その悩みはよくわかります。

お金を入れる派が多く,2~5万円程度が多かった

ほかにも10人程度に聞きましたが,私の周りでは実家にお金を入れる派の人が60%と多数派でした。お世話になった実家に対して,感謝の気持ちを形で表したいとの理由を聞いて,とても尊敬を覚えるインタビューでした。

とはいえ,「お金を入れる人がえらい」というわけでもありません。状況は人によってさまざまですので,それぞれの家のルールを話し合っていけばよいでしょう。

中には大学入学前に両親と話し合ったという人もいました。両親は学費を出し,就職後に家を出るまでは毎月3万円を入金する約束になっていたらしいです。

一方で両親が資産家なので,自分の給与は自分の好きに使っているという恵まれた人もいましたね。それでも,お金ではなく家事分担などで家族の生活を助けるなど,お金ではない面で実家を支援している人がほとんどでした。

規模の大きい調査での平均額は,3万7000円

なまずん
なまずん

より規模の大きな調査の結果も調べてみました。

さて,実家にお金を入れている人はどれくらいいるのでしょうか?

20~39歳の男女各200人に行った調査(SUUMOジャーナル)では,実家暮らし社会人の約7割が何らかの形でお金を納めていました

同調査では実家に入れるお金の平均は3万7417円

性別・年代別では男性は20~24歳…3万1786円,25~29歳…3万6212円,女性は20~24歳…2万4706円,25~29歳…3万8911円だそうです。20代前半で3万円前後,20代後半では4万円近くを納めているんですね。

新卒者も3万円ほど入れたいと考えている

なまずん
なまずん

新卒者に,「実家に,どれくらいの金額を入れたいか」を聞いた調査もありました。

新卒者への意識調査でも3万円を入れたいという回答が最も多い結果となっています(マイナビ)。自分を育ててくれた実家への感謝の気持ちとして,ある程度の金額を入れたいと思う人が多いようです。

私の周囲にいる実家暮らし(お金を入れる派)は3万円か5万円を入れている人が多い印象でした。

私は子どもにはお金を入れてもらわないつもり

なまずん
なまずん

ここでは,インタビューを踏まえて,将来私に子どもができて,実家から会社に通うことになったらお金を入れてもらいたいかどうかについても考えてみました。

現時点での考えとしては,実家にお金を入れなくて良いと言うつもりです。その理由は以下の3つです。

少額でいいから,余剰資金で投資を始めてほしいから

実家にお金を入れるよりも,自分のために長期投資を勉強してほしいから。貯金も大切ですが,配当金再投資による効果はインパクトのある学びだと思います

◆たとえ少額でも,投資は早く始めればそれだけリターンが高まる可能性が大きくなります。

投資開始時期によるリターンの比較 24歳と30歳の場合
アラサー仮想女子のなまずんです。 先日の記事へさまざまなコメントをいただきありがとうございました。24~29歳で毎年90万円ずつ入金し,その540万円を毎年5%の利率で運用す...

◆20代投資家は増えていると実感したときのこと。

正しい投資法で長く実践する――20代優待狙い投資家と話して
なまずんです。 類は友を呼ぶのでしょうか。先日食事に行った大学時代の後輩2人が投資家でした。先日,つみたてNISA等の制度について質問してきた同級生(20代)とは別の人です。...

お金の貸し借りのリテラシーを学んでほしいから

2つ目の理由は,お金を借りる・返すプロセスを利率の低い奨学金で学んでほしいから。借り過ぎは悪いことですが,お金を借りることは決して悪いことではないのです。時間の限られた人生の中で,お金を借りることでひらける道があることも知ってほしい

今の考えでは,在学中は奨学金を月に3万円程度借りてもらおうかな,と思っています。学校に納める学費そのものは私が払い,奨学金は教科書代や留学費,人脈を作る交際費など自由に使ってもらいます。というのも,アルバイト経験も重要ですが,アルバイトに明け暮れる学生時代ではもったいないからです。

時給換算すれば,社会人になってからの稼ぎのほうが明らかに大きいはず。将来から前借りするような,ファイナンス的な感覚を学んでほしいです。

◆奨学金の実態とおすすめの返済方法について。

奨学金の返済方法に工夫はできないのか?――実態と対処
この時期恒例の「奨学金返還の振替案内」が届きました。 日本学生支援機構の奨学金です。 学生時代結構借りていたのもあって,私は年間20万円以上引き落とされています。 ...

両親に恩返しをする方法にはさまざまな形がある

調査に協力してもらった人たちには,実家にお金を入れる人も,実家にお金を入れない人もいました。

実家をお金という形で支援する人は素晴らしいですが,実家にお金を入れない人も,家事分担をこなすなど,家族の一員としてさまざまな協力をしています。

お金を入れるにせよ,入れないにせよ,社会人になるまで自分を育ててくれた実家への感謝を忘れずに過ごしたいものですね。

◆ボーナスが出たら,家族に恩返しをしてはいかがでしょうか。

20代のボーナスの使い道5選――投資と消費と家族と,借金返済に
「賞与(ボーナス,一時金)」が振り込まれたら,20代の皆さんは何に使いますか? 今回は「20代のボーナスの使い道」について,どうしたら今と将来の幸福度を上げられるかを考え,整...

◆1日1回,あなたの応援が励みになります!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。

奨学金
スポンサーリンク
なまずんの「弱者のゲーム」――20代からの資産運用実践録

コメント

タイトルとURLをコピーしました