定期券区間を伸ばして購入する「買い足し」節約法

その他家計管理

東京をはじめとした都市部で働く人であれば,日々の移動は鉄道という人は多いでしょう。この記事は定期券を購入する人向けに,利便性を上げつつ節約にもなる方法を紹介する内容です。

お持ちの定期券はどのような区間で作っているでしょうか? なんとなく,「自宅最寄駅⇔会社最寄駅」で作っているようでしたら,定期区間を少し伸ばすと節約になるかもしれません。定期券を買う前に調べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

定期券の区間を伸ばそう

定期券とは「定期乗車券」の略称で,「ある期間内,ある区間内の交通機関に使用できる割引乗車券」です(出典:三省堂大辞林)。

一般には,「通勤定期券」と呼ばれる定期券は,通勤に用途を限ったものではなく,誰でも好きな区間で買うことができます。

定期券を買えば,その区間は乗り放題です。また,区間外にまたがる乗車でも,一部に定期区間があれば,その末端からの追加料金で乗車できます。

そこで,その乗り放題区間を「自宅最寄駅⇔会社最寄駅」からうまく伸ばしていこうというのが本記事の趣旨です。乗り放題区間である定期券の区間をうまく伸ばすことができれば,今までと同じ列車に安く乗ることができます。

なまずん
なまずん

就業規則等によって通勤手当が支給される場合,通勤手当の支給要件に抵触しないことを確認しましょう。なお,通勤に用途を限り,証明書類を提出させる鉄道会社,および自宅と学校を結ぶ最短経路でしか購入できない通学定期券ではこの方法は使えません。

「買い足し」を勧めたい条件

買い足しを勧めたいのは以下のような2つの場合です。

  • 区間を延長しても販売価格が変わらない
  • 区間の延長線上によく訪れる場所がある

具体例を挙げながら紹介していきます。

区間を延長しても販売価格が変わらない

中野駅に自宅があり,新宿駅までJRで通勤している場合で説明します。赤線の区間です(地図は東京有能道具店より,他も)。

中野から代々木

中野→新宿の定期券運賃は6か月で2万3260円(消費税8%の場合,以下同じ)。では,一駅先の代々木駅までの定期券(赤線青線)を購入した場合はいくらになるでしょうか。

中野から新宿まで代々木まで
定期券代23,260円23,260円

全く同じです。多くの鉄道会社では,定期券価格は1kmごとに決まっているので,駅間の短い区間は延長しても価格が変わらない場合があります。

定期区間を伸ばせば,その区間が乗り放題となるだけでなく,定期区間外までの運賃計算の起点が変わるため有利です。

たとえば東京駅まで行く場合,新宿→東京は片道194円に対して,代々木→東京は片道165円です(ICカード運賃)。したがって,たとえ代々木駅に行くことがなくても,一駅伸ばして購入することで,定期外の運賃が変わる可能性があります。

定期券運賃が変わらなければ,なるべく長い区間で購入するのがおすすめです。

区間の延長線上によく訪れる場所がある

さきほどと同様に,中野駅に自宅があり,新宿駅まで通勤する場合赤線)です。月に1回,渋谷駅に習い事などで訪れる青線)ようなときは,どのように買うのがよいでしょうか?

中野から渋谷

中野→新宿と,中野→渋谷で,6か月の定期券運賃を比べてみます。

中野から新宿まで渋谷まで
定期券代23,260円24,810円

差は1550円。新宿→渋谷は片道154円ですから,6か月で5往復すればほとんど元が取れる計算になります。月に1回だけでも行くなら節約になります。

また,さきほどと同様に定期区間外の運賃も安くなる場合が増えます。

他社線と交わる駅まで伸ばすのもコツ

たとえば,東京メトロ雑司が谷駅に自宅があり,新宿三丁目駅まで通勤するような場合です(東京メトロ副都心線を利用。

池袋から新宿

新宿三丁目駅から新宿駅まで定期区間が伸びれば便利そうですね。繁華街がありますし,JRや私鉄に乗り換えられます。

雑司が谷から新宿三丁目まで新宿まで
定期券代35,860円35,860円

料金は全く同じですので,これは伸ばしたほうがよいと判断できます。

また,自宅側を伸ばせば,同じく繁華街があり,JRや私鉄のターミナルである池袋駅です。

池袋から新宿三丁目まで新宿まで
定期券代37,700円37,700円

池袋→新宿(新宿三丁目経由)の定期券は,雑司が谷→新宿三丁目の場合より1840円高くなりました。雑司が谷→池袋,新宿三丁目→新宿の片道運賃は165円ですので,池袋まで6か月で6往復すれば元が取れます。

たとえ目的地ではなくても,乗り換えでの利用が月に1回程度ある人であれば,定期券区間を延長したほうが便利です。

ただし,伸ばして有利になる距離は数駅程度

この方法が便利なのは,自宅や職場の最寄り駅から数駅先までの延長です。延長する区間が長くなればなるほど,有利にはなりません。

なまずん
なまずん

定期外の鉄道運賃は初乗りが高く,距離に応じてkm単価が漸減するからです。ゆえに,定期券区間を延長する区間が長くなるほど,魅力的でなくなります。

たとえば,中野→新宿の6か月定期区間を,中野→東京に延長した場合は次の通り。

中野から新宿まで東京まで
定期券代23,260円31,020円

差は7760円です。新宿→東京の片道運賃は194円ですので,元を取るまでちょうど20往復かかります

 

なまずん
なまずん

もっと延長して,千葉駅までの定期を買うと6か月で123,830円になります。元を取るには6か月で63往復。

目的地や乗り換えでよく訪れる場所が定期区間の少し先にあるようなときにこそ,この方法を検討してはいかがでしょうか。

(2019/09/16追記)一般に「通勤定期券」は通勤に限らず任意の区間で購入できますが,通勤に用途を限り,通勤関係書類の提出をともなう「通勤定期券」を発券する鉄道会社もあるようです。その場合は区間外の購入が不可能なことを追記しました。また,通勤手当が支給される場合,規定に抵触しないことを確認すべき旨をより明確に記しました。

◆ここを押す
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。

その他家計管理
スポンサーリンク
なまずんの「弱者のゲーム」――20代からの資産運用実践録

コメント

タイトルとURLをコピーしました