eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の純資産総額が1兆円を突破!

230415 eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の純資産総額が大台の1兆円を突破! 証券会社・運用会社
この記事は約3分で読めます。

三菱UFJ国際投信が運用する「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」の純資産総額が、4月14日に1兆円を初めて突破しました(画像はファンドのページより)。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)が1兆円突破

三菱UFJ国際投信とファンド購入者の皆さま、おめでとうございます!

インデックスファンドでは「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」に続く2本目の1兆円ファンドです。公募投資信託のなかでも4番目の規模になっています。

◆「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」は2022年2月に1兆円を突破。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が純資産総額1兆円を突破
2022年2月10日、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が1兆円を突破しました。三菱UFJ国際投信からプレスリリースが出ています。...
スポンサーリンク

2021年ごろから純資産総額が急伸

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は2018年10月31日に設定されました。純資産総額の推移(青折れ線グラフ)を見てみると、設定直後は爆発的に売れていたわけではなく、2021年ごろから純資産総額が急に伸び始めました。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)が1兆円を突破するまで

発売から1年ごとの純資産総額の推移を見てみると、年を追うごとに純資産総額の伸びが加速していることが一目瞭然です。

日付 純資産総額 前年からの増加
2019年10月末 83.85億円 +83.85億円
2020年10月末 521.85億円 +438.00億円
2021年10月末 3224.37億円 +2702.52億円
2022年10月末 7391.76億円 +4167.39億円

2021年に基準価額が上がったことも純資産総額を押し上げた一因ですが、基準価額が横ばいの2022年以降も大きく純資産総額を伸ばしていることから、圧倒的に売れていることがわかります。

2020年の初頭→2022年末の約3年間で積立投資が一気に普及して、ネット証券での毎月の積立金額が400億円→2000億円へと5倍増になっています。この新規参入者の多くが「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」を選んだのでしょうね。

◆ネット証券経由の積立投資金額はこの3年で5倍!

つみたてNISA口座は700万口座を突破、積立投資は毎月2000億円以上とのデータ
金融庁は3か月に1回、一般NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA口座の利用状況の調査結果を公表しています。2月24日に2022年12月末時点での利用状況調査(速報値)が出てい...

三菱UFJ国際投信は個人投資家向けの発信を頑張っているだけでなく、YouTuberやブロガーも勧めていたのが大きいと思います。

ライバルファンドのなかでもぶっちぎり

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は、ライバルと比較しても純資産総額はぶっちぎりです。純資産総額が500億円を超えている「ステート・ストリート」「楽天」「SBI(雪だるま)」「たわらノーロード」「SBI・V」とともに、設定来の純資産総額の推移を比較してみました。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)と他社ファンドの純資産総額の比較

「楽天・全世界株式」「SBI・全世界株式(雪だるま)」も純資産総額を伸ばしていますが、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は圧倒的です。

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」はなんといっても,類似ファンドのなかで信託報酬が最低水準で,運用の実績も十分であることから,この方針と実績を今後も続けてくれることを期待しています!

◆最新のインデックスファンドの運用状況の比較はこちらをどうぞ!

【2024年4月】最新ファンド比較記事一覧
当ブログではNISAつみたて投資枠対象のインデックスファンドとアクティブファンドのリターン・信託報酬・実質コスト・純資産総額などを一挙に比較しています。 最新情報を毎月更新。 「本...

コメント