「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」が純資産総額5兆円を突破!

証券会社・運用会社
この記事は約3分で読めます。

2024年6月24日、三菱UFJアセットマネジメントの「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が5兆円を初めて突破しました!(プレスリリースも出ています)

保有者の皆さまと関係者の皆さま、おめでとうございます!

4兆円を突破したのは3月21日のことですので、わずか3か月で1兆円も純資産総額が増えたことになります。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」が純資産総額4兆円、「SBI・V・S&P500」が純資産総額1.5兆円を突破
2024年3月21日、三菱UFJアセットマネジメントの「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が4兆円を初めて突破しました! また、同日にSBIアセットマネ...
スポンサーリンク

インデックスファンドで初めての5兆円突破

「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」は設定来、ハイペースで純資産総額を増やしています(図は三菱UFJアセットマネジメントのページより)。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)が純資産総額5兆円を突破!

ファンドの設定は「つみたてNISA」が始まって約半年後の2018年7月3日。その後資金流入は増えていき、5000億円から5兆円までは次の表の通りでした。

純資産総額 達成日
5000億円 2021年7月2日
1兆円 2022年2月10日
2兆円 2023年5月2日
3兆円 2023年12月20日
4兆円 2024年3月21日
5兆円 2024年6月24日

設定から5000億円まではちょうど3年かかりましたが、その後は資金流入のペースが上がり、3兆円→4兆円、4兆円→5兆円はほぼ3か月という驚異的な成長になっています。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)が純資産総額5000億円,<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式と楽天・全米株式が純資産総額3000億円を突破
つみたてNISA対象のインデックスファンドのなかで純資産総額が最も大きい3つのファンドへの資金流入が続いています。相次いで節目の金額を超えました。 7月2日時点で,インデックスファ...
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が純資産総額1兆円を突破
2022年2月10日、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が1兆円を突破しました。三菱UFJ国際投信からプレスリリースが出ています。...
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が純資産総額2兆円を突破
2023年5月2日、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が2兆円を突破しました。Twitterでフォローしているめたるさんのツイート...
「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」が純資産総額3兆円を突破
2023年12月20日、三菱UFJアセットマネジメントの「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が3兆円を突破しました! 保有者の皆さまと三菱UFJアセット...
「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」が純資産総額4兆円、「SBI・V・S&P500」が純資産総額1.5兆円を突破
2024年3月21日、三菱UFJアセットマネジメントの「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が4兆円を初めて突破しました! また、同日にSBIアセットマネ...

5兆円ファンドはインデックスファンドの歴史でも初めてで、過去に純資産総額5.7兆円を記録した「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」(グロソブ)に次ぐものです。

このまま株価上昇や円安傾向が続けば、2024年のうちにグロソブ超えという未知の領域もあり得るかもしれません。

純資産総額は株価や為替の変動の影響も受けますが、2024年に入ってから毎月の資金流入も激増しています(図はウエルスアドバイザーより)。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の資金流入(2024年5月まで)

新NISAスタートの2024年1月には2000億円オーバーで、その後も1000億円台後半で推移しています。

資金流入が加速してファンドの規模がガンガン大きくなっている「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」は運用成績でも同種ファンドを上回っている圧巻の状態です。最新の比較はこちらから!

【2024年7月】米国株式インデックスファンドのリターン比較とおすすめ【リターン・信託報酬・実質コスト・純資産総額の一覧】
この記事は主要なインデックスファンドのリターンを比較するシリーズの「米国株式」編です。NISAの積立投資枠対象の商品を取り扱っています。 インデックスファンドのリターンは、「配当込...

コメント