住民税の納付方法まとめ――私はnanacoで納付しました

税制一般・確定申告

たびたび引っ越して住民税をいろんな市町村に配るなまずんです。

社会人2年目は給与所得以外に60万円ほど雑所得があり,確定申告ではその分を給与天引きではなく,自分で納付するように申請しました。

副業禁止規定のない会社にいるので給与天引きでもよかったのですが,なにごとも経験です! 今回は自分で納付することにしました。

スポンサーリンク

給与所得者に対する住民税の徴収方法

特別徴収

給与所得は基本的に給与天引きで住民税を徴収されます。これが「特別徴収」です。

サラリーマンは2017年1月~12月の給与所得に応じた住民税を,2018年6月~5月に会社を通じて特別徴収で納付します。会社から受け取る給与に対する住民税は退職しない限り,自分で納付することはできません。

普通徴収

給与所得以外の所得(不動産所得,事業所得,譲渡所得など)がある場合,基本的に自分で納付する「普通徴収」で納付します。納付は4回に分けて行い,一括で納めることも可能です。
給与所得がある場合は合算して「特別徴収」してもらうこともできます。

1回めの納付の期限は通常6月末日,今年は曜日の関係で7月2日までの納付です。

複数の会社から給与所得がある場合

主たる給与を支払う会社から一括して特別徴収されます。自治体によっては,会社から申請があった場合には普通徴収が認められることがあります(例:東京都千代田区の場合

普通徴収の住民税の納入方法を比較

住民税を納める方法は自治体によって異なります。
私の住んでいる東京都のある地域の場合は以下のパターンがあります。

・ペイジー(Pay-easy)で金融機関ATM・ネットバンキングから支払
・クレジットカード払い
・モバイルレジ(アプリ)でネットバンキングから支払
・コンビニ,窓口での支払
・口座振替での支払

それぞれの支払方法の特徴を検討したいと思います。

ペイジー

ペイジーが登場してから長らくたち,税金や料金を払い込む際に一般的な方法となりました。

ペイジーのメリットは振込に近い感覚で支払えること。現金を手元に用意せずに支払を済ませることができます

利用は金融機関ATMだけでなく,インターネットバンキングからもできるので,自宅から納税が可能です。

クレジットカード

私の住む地域では「Yahoo!公金支払い」によるクレジットカードでの納付ができます。ネットショッピングに近い感覚で支払えること,現金を手元に用意せずに支払えることはメリットです。

また,クレジットカードにポイントが付与されることも特筆すべき点です。

注意点は決済手数料がかかること。1万円までは50円,以下1万円ごとに100円ずつ加算(税別)されます。約1%が手数料としてかかってくるので,ポイント還元率が1%より高いカードで支払えば差し引いてお得になる計算です。

納付できる上限金額があるため,納税が高額になる場合は使えない方法です(私の住む地域では30万円)。

モバイルレジ

スマートフォンアプリ「モバイルレジ」を利用してネットバンキングで支払う方法です。

ペイジーと支払の流れは似ています。ネットバンキングでペイジーが使えるので,モバイルレジにはそれほど優位性を感じませんが,すでにアプリをインストールしている人には使いやすい方法だと思います。

クレジットカードと同様,納付が一定額以上の場合はこの方法が使えません。

コンビニ・窓口

水道料金・電気料金をコンビニや金融機関窓口で支払えるように,住民税もコンビニや金融機関,役所の窓口で支払うことができます。

現金で支払うのが原則ですが,例外的にセブン-イレブンではnanacoで支払うことができます。
nanaco払いではnanacoポイントは付きませんが,nanacoチャージでクレジットカードのポイントは付与されます。
コンビニでの支払では,一定額以上の納付は受け付けていません。

口座振替

役所や金融機関に出向き,口座振替を依頼することもできます。
口座振替のメリットは現金を用意しなくてよいこと,今後の納付忘れがなくなることです。
納付を忘れがちな方にとっては良い方法ではないでしょうか。

ポイント還元という観点からはクレジットカードかnanaco

クレジットカード払いでは手数料がかかるものの,1%以上のポイント還元があれば差し引いてプラスになります。

セブン-イレブンでのnanacoの場合はnanacoポイントはたまらないものの,nanacoへのチャージによりクレジットカードのポイントは貯まります。

例えば私の使っているリクルートカードであれば,月に3万円のチャージまで1.2%のリクルートポイントが貯まります。

今回は1万円台だったので,リクルートポイントで1.2%の還元を得られるnanacoで支払いました。

納税も賢く支払う

税金は国や地域の生活関連サービスの維持に欠かせない重要なものです。
適切に支払いながら,より賢い納め方をめざしていきたいと思います!

コメント

▼ ▽ ▼

当ブログでは有用な情報提供に努めていますが,情報の確実性を保証するものではありません。また,情報の誤り等がありましたらコメント等でお知らせいただけますと幸いです。