eMAXISシリーズ1兆円の内訳ーー「eMAXIS Slim」だけが大人気

証券会社・運用会社
この記事は約4分で読めます。

1週間ほど前の話題ですが,三菱UFJ国際投信のファンドシリーズ「eMAXIS」の純資産総額が合計で1兆円を突破しました。2021年1月8日にプレスリリースが出ています(図はプレスリリースより)。

シリーズ合計で5000億円を突破したのは2019年12月でした。それから1年足らずで2倍になっています。

2018年からの急上昇がすごいですね。人気も絶好調なシリーズです!

スポンサーリンク

過半数のファンドは売れていない

eMAXISシリーズは60本のファンドからなります。しかし,そのすべてが売れているわけではありません。

純資産総額の分布を示してみたのが以下のグラフです。1兆円もの資金が入っているファンドシリーズでも,純資産総額が300億円を超えるファンドは9本にとどまります。

純資産総額が1000億円を超えるファンドがある一方で,過半数の36本は純資産総額が50億円を下回る小規模なファンドです。

「eMAXIS」シリーズならどのファンドでも鉄板! みんな買っているから安心……というわけではありません。購入するときはしっかり判断しましょう。

純資産総額の上位5つを独占「eMAXIS Slim」シリーズ

それでは,どのファンドが1兆円もの純資産総額に貢献しているのでしょうか?

純資産総額の大きい順に並べると,上位5ファンドで全体の6割を構成しています。なかでも「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は2018年7月の設定から1年半で,「eMAXIS」シリーズの4分の1を占める超人気ファンドとなりました。

これらのファンドは競合する同種の低コストインデックスファンドと比べても純資産総額は最大規模です。類似するつみたてNISA対象ファンドのなかで,純資産総額を比較しました(純資産総額は1月15日時点)。

米国株式eMAXIS Slim米国株式(S&P500
2456億円(1位)
楽天・全米株式
1845億円(2位)
先進国株式<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式
2291億円(1位)
eMAXIS Slim先進国株式
1561億円(2位)
全世界株式eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
876億円(1位)
楽天・全世界株式
677億円(2位)
8資産均等型eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
743億円(1位)
つみたて8資産均等バランス
342億円(2位)
新興国株式eMAXIS Slim新興国株式
506億円(1位)
eMAXIS新興国株式
374億円(2位)

◆類似するファンドとしての分類は当ブログの以下の記事を目安としています。

【2021年3月・つみたてNISA対象】インデックスファンド比較・一覧【過去リターン・信託報酬,実質コスト,純資産総額など】
この記事は,つみたてNISAで購入できるインデックスファンドの過去リターン・信託報酬・実質コスト・純資産総額・運用期間の情報を比較するものです。 つみたてNISAの対象商品に...

新興国株式はSlimでないほうのeMAXISが2位につけるなど,eMAXISシリーズの独壇場です。

先進国株式もじりじりと<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式に迫っているため,数年以内には1位になるかもしれません。

1兆円の7割が「eMAXIS Slim」

先ほどのグラフからも推測できるとおり,「eMAXIS」シリーズのうち売れているのは低コストが売りのサブブランド「eMAXIS Slim」シリーズです。全体の7割がeMAXIS Slimシリーズでした。

全60本のうちeMAXIS Slimシリーズは13本です。シリーズの設定も2017年2月からでした。

冒頭のグラフで2018年から急に純資産総額が増え始めたのは,そのほとんどがeMAXIS Slimの人気によります。

低コストファンドだけが支持されている事実

これらの結果からわかるように,「eMAXISシリーズで1兆円を突破!」というニュースの裏側には,「eMAXIS Slimシリーズだけが大人気!」という事実が隠れています。

そしてeMAXIS Slimシリーズとその他のファンドの最大の違いは,eMAXIS Slimシリーズのコンセプトである「業界最低水準の運用コスト」をめざすというコスト意識です。

インデックスファンド選びはコストが最重要です。これを多くの投資家が自覚し,投資先を選んできた結果が「eMAXIS」シリーズ全体ではなく,「eMAXIS Slim」シリーズの人気に明らかに現れています。

◆「eMAXIS Slim」関連のこちらの記事も人気です!

eMAXIS Slim米国株式,楽天VTI,SBI・バンガード・S&P500のどれを購入するか
米国株式の人気を背景に,次々と信託報酬の安い米国株式インデックスファンドが販売されるようになりました。 この記事ではその一覧と,なかでも人気の高い「eMAXIS Slim米国...
「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の分析と評価(三菱UFJ国際投信)
この記事では,人気の投資信託「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の基本情報と評価についてまとめます。 記事執筆時点で,先進国株式クラスの投資...

コメント

タイトルとURLをコピーしました