「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の分析と評価(三菱UFJ国際投信)

インデックス投資
この記事は約7分で読めます。

この記事では,人気の投資信託「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の基本情報と評価についてまとめます。

なまずん

記事執筆時点で,先進国株式クラスの投資信託において,特にコスト面で優秀なファンドの一つです。先進国株式インデックスファンドを一つだけ選べと言われたら,私はこれを選びます。

業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」とのコンセプトのもと,純資産総額の増加に伴って信託報酬が低減されていく仕組みには好感できます。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスとは

「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(以下,eMAXIS Slim先進国株式)」は,大手運用会社の三菱UFJ国際投信が運用するインデックス型の投資信託です。2017年2月27日に設定されました。

人気ファンドがそろう「eMAXIS Slim」シリーズの一つで,最大規模の純資産総額を持つシリーズの主力ファンドです。

ベンチマーク:MSCI kokusai Index

米国MSCI社が提供する株式インデックス「MSCI Kokusai Index(MSCIコクサイ インデックス)(円換算ベース,配当込み)」に連動する投資成果をめざします。

先進国24か国を対象とし,各国における株式市場の時価総額の90~95%程度をカバーします。

主要な組入銘柄は以下のとおりです(交付目論見書(2020年3月17日)より)。

24か国の株式を組み入れるファンドですが,上位10位までのうち9銘柄は米国が占めていますね。世界の株式時価総額の半分以上を米国が占めるため,米国株のリターンが全体のリターンに大きな影響を及ぼします。

信託報酬等のコスト:信託報酬は業界最低水準

信託報酬は業界で最低水準となる年率0.0930%(税抜)以下。純資産残高500億円を超える分については0.09145%です。2019年7月8日に純資産残高500億円を突破し,信託報酬率として年率0.0930%を下回るようになりました。

これにより,信託報酬では業界で単独で最安となります(2030年までの期間限定で信託報酬ゼロの「野村スリーゼロ先進国株式投信」を除く)。

これまで,他社の先進国株式インデックスファンドの信託報酬引き下げに追随する姿勢を見せ,過去幾度にわたって信託報酬を引き下げてきた実績もあります。

◆参考:2019年6月には,国内の投資信託で初めて信託報酬率が0.1%(税抜)を割り込む水準となりました。

「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」が信託報酬を引き下げ――ライバルファンドより早い切り下げを敢行
なまずんです。 2019年6月3日,人気インデックスファンド「eMAXIS Slim先進国株式インデックス(以下,eMAXIS Slim先進国株式)」を運用する三菱UFJ国際...

◆最近も信託報酬が下がりました。「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」が先行して信託報酬を発表し,それに追随するパターンが多いです。

なお,購入時・解約時にかかる手数料等はありません。

純資産残高:989億円

2020年5月31日時点で,純資産残高は988.89億円に達しています

また,「eMAXIS Slim先進国株式」は同社の他ファンドとマザーファンドを共有しています。マザーファンドの規模は3372億円です(2019年4月時点)。

設定以来の推移:純資産総額は順調に増加

運用開始からのチャートと純資産総額です(ファンドページより)。

コロナウイルスによる経済への影響で,2020年3月に純資産総額が一時的に大きく減少しましたが,全体として純資産総額はきれいな上昇傾向です。継続して積立購入する人が多いのでしょう。

取扱販売会社:ネット証券を中心に17社

ネット証券大手3社(SBI証券,楽天証券,マネックス証券)を含む17社三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim紹介ページより)。ネット証券を中心に販売し,直販会社であるmattocoでも販売しています。

しかし,直販のメリットはほとんどなく,ネット証券から購入するほうがおすすめです。

iDeCoでは,SBI証券の「セレクトプラン」と,マネックス証券などにて購入可能です。

類似ファンドとの比較・評価

ベンチマークとするMSCI-kokusaiインデックスはとても人気の高い指数です。多くの運用会社が類似商品を販売しています。

低コストで投資に適したファンドとして金融庁が認可した「つみたてNISA対象ファンド」だけでも,MSCI-kokusaiインデックスに連動するファンドは17本もあります。

◆つみたてNISA対象インデックスファンドの一覧記事

【2020年7月・つみたてNISA対象】インデックスファンド比較・一覧【過去リターン・信託報酬,実質コスト,純資産総額など】
この記事では,つみたてNISAで購入できるインデックスファンドのリターン・信託報酬・実質コスト・純資産総額・運用期間などの情報を比較します。 つみたてNISAの対象商品は金融...

そのうち,eMAXIS Slim先進国株式は信託報酬率の安さで第2位(期間限定の野村スリーゼロ先進国株式投信を除けば第1位),純資産総額の大きさで第2位の優秀なファンドです(2020年5月31日時点)。

運用はまだ3年ほどであるものの,これまでの運用状況は他社ファンドと比較して良好です。

投資家からの評価

投資家からの評価は純資産総額に現れます。そのため,純資産総額が非常によく伸びているeMAXIS Slim先進国株式は多くの投資家からの支持を得ていると言えます。

純資産総額の伸びでは,純資産総額が最も大きく,これまで先進国株式クラスで最大の人気を誇っていた「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式」を上回るペースで資金流入が続いています。

「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」というコンセプトは,20年間の非課税投資枠があるつみたてNISAとの相性が良いことも人気の背景にあります。つみたてNISA口座で購入したファンドは長期保有する前提ですので,将来にわたって低コストを追求するという考え方は投資家のニーズに合っているのです。

投信ブロガーからの評価

投資信託を継続的にウォッチしている投信ブロガーからの評価も高く,投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018(FOY2018)」(2019年1月)にて第1位,「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019(FOY2019)」(2020年1月)にて第3位を獲得しました。

なまずん

2回とも,私も票を投じました!

こちらも,評価される最大の理由は「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」という理念です。

これまでのところ,eMAXIS Slim先進国株式だけでなく,シリーズ全体において,信託報酬率は業界他社の最低水準のファンドとそろえるよう改定してきた実績を評価する声もあります。

◆投資家がファンドを消費者目線で評価する「FOY2018」は大変盛り上がりました。

Fund of the Year 2018に投票しました
なまずんです。 2018年11月26日にFund of the Year(FOY)2018に投票しました(投票期間=2018年11月1日~30日)。 FOYは投信ブロガ...
あこがれのFOY2018に参加しました
なまずんです。 2019年1月13日(日),東京都品川区で「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018(FOY2018)」が開催されました。今年で12回...

◆FOY2019はeMAXIS Slimシリーズが上位を独占!

【投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019】上位入賞ファンドとその特徴!
2020年1月17日(土),東京都品川区で「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019(FOY2019)表彰式」が開催されました。今年で13回目を迎えます。終...

先進国株式クラスのおすすめファンドとして

つみたてNISAの開始という環境要因も大きく後押しして,eMAXIS Slim先進国株式は販売開始から3年足らずで,先進国株式クラスのインデックスファンドでは第一選択の地位を得ました。

継続して積み立てる人が多いため,今後も,信託報酬率の低下と純資産総額のさらなる拡大という好循環が期待されます。三菱UFJ国際投信の戦略とこれまでの実績は素晴らしいです。

一方で,購入している層の大半は「業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続ける」ことを理由にこのファンドを選んでいると思われます。

情報感度の高い層が購入しているとも言えるため,業界最安を維持する方針を転換したり,運用に何らかの問題が生じたりした場合には,資金流出が起こるかもしれません。

とはいえ,現在の投資環境においてはコスト面で最優秀といえるファンドの一つです。

さらなる純資産総額の積み上げと,それに伴う信託報酬の段階的な低下を期待して,今後も私自身も楽しみに購入していきたいファンドと評価しています。

◆関連:つみたてNISA対象商品の先進国株式インデックスファンドの一覧は,こちらの記事で一挙紹介中!

【2020年7月・つみたてNISA対象】インデックスファンド比較・一覧【過去リターン・信託報酬,実質コスト,純資産総額など】
この記事では,つみたてNISAで購入できるインデックスファンドのリターン・信託報酬・実質コスト・純資産総額・運用期間などの情報を比較します。 つみたてNISAの対象商品は金融...

コメント

タイトルとURLをコピーしました