楽天お買い物マラソンやAmazonで購入した防災用品とオススメ

220317 楽天お買い物マラソンやAmazonで購入した防災用品その他家計管理
この記事は約5分で読めます。

楽天の「お買い物マラソン」はまとめ買いがお得です。多くのお店で買い回れば、たくさんのポイントがもらえます。でも、「そんなに買うものがないよ……」と思うこともときどきありますよね。

そんなときには防災グッズを購入してみてはいかがでしょうか?

東日本大震災が起こった3月11日を前に、わが家は防災用品の点検・充実をはかりました。よければご参考にされてください。

なんとこの記事原稿を書いていたら地震に遭いました。

スポンサーリンク

通販で買った防災用品

ふだんはその重要性を意識しないで生活できるインフラ(水道・電気・ガス)と食事(水・食品)ですが、急な災害・事件がおこればしばらくストップしてしまう可能性があります。これらは生存に直結するため、備えておかなければなりません。

飲料水

必要量は「1人あたり、1日3リットル」といわれます。これは最低限の量です。

少なくとも3日分はほしいところです。2人だったら18リットルが必要です。ほかに飲用以外の水も必要と考えておきましょう。

ストックが少ないと気持ちに余裕がなくなります。これよりも多く持っておくほうがよいでしょう。オススメはこのような長期保存水を買っておくことで、このほかにペットボトルを数本ローリングストックしています。

5年 保存水 備蓄用 ミネラルウォーター 2L×6本 山梨 ICSselection
ICSselection
アマゾンでの防災用品販売実績10年以上!イクスセレクション別注の5年保存水です。

ローリングストックとは、常に一定のストックになるように「買い置き」する方法です。たとえばわが家では2Lのお茶のボトルを3本おいています。1本開栓したら、すぐ1本買い足しています。

水のストックは2Lのペットボトルばかりなのですが、機動性を考えると500mLのボトルも用意しておきたいと記事を書きながら思っています。

食品

アルファ米や乾パンなどの長期保存用の食品のほか、今は長期保存できるスープや野菜ジュースなどもあります。栄養バランスのよいものや、普段の食事に近いものも確保してはいかがでしょうか。

防災専門店MT-NET カゴメ 野菜たっぷりスープ 保存食 3日分セット オリジナル防災手帳付き 〔非常食 長期保存〕
防災専門店MT-NET
➡ 今後10年続くと言われている巨大「余震」や、今後30年以内で70%の確率で起きると言われている「直下型地震」。備えは万全ですか?災害が発生し救急体制が整うまでの期間、自力で乗り切る為に備蓄食品を備えておく事は本当に大切です。                                          .
カンパン サンリツ 缶入り(100g)6缶入り
三立製菓
非常用備蓄食糧の定番、三立製菓のカンパン 長時間熟成発酵後、遠赤外線オーブンで香ばしく焼きあげたカンパンです。

どんな味がするのか、ある程度は「食べ慣れて」おくほうがいざというときに落ち着けると思います。米やスープもおいしいですよ。

カセットコンロ

長期保存食に限らず、野菜や米、パスタなどは調理できれば普段のストックを緊急時にも回せます。そこでわが家ではカセットコンロとボンベを常備しています。

普段は鍋料理に使い、キャンプで使うこともありました。ボンベはローリングストックしています。

非常食を冷たいまま食べるのと、あたためられるのとでは味も気持ちもまったく違います。わが家では必ずストックするようにしています。

ちなみに同じボンベを使ったストーブもあります。わが家には準備していませんが、結構あたたかいみたいですね。

電源・電池

スマホ充電と明かりの確保のために、ポータブル電源とソーラーパネルを買いました。自動車を持っていれば発電機の代わりになりますが、わが家はそうではないのである程度の備えが必要です。容量はいろいろありますが、このような用途なら400Whで3日以上は足りそうです。

Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 400 ソーラーパネル 60 二点セット ソーラーチャージャー大容量 112200mAh/400Wh 蓄電池 ジャクリ
Jackery(ジャクリ)
【ポータブル電源とソーラーパネルのセット】「Jackery ポータブル電源 400」とソーラーパネル「Jackery SolarSaga 60」を組み合わせたお得なセット商品です。キャンプや車中泊のほかに災害による停電など電源の確保が難しい状況でも安心してご使用いただけます。また、この2つを組み合わせれば日中にソーラーパネルで集めた電気をポータブル電源に蓄電することで、電気代を減らしながら地球環境にやさしいエコなライフスタイルを実現することができます。

ほかにも電池式のスマホ充電器やラジオ、電灯があるため、電池をかなり多めに備蓄しています。充電式の電池とアルカリ乾電池をローリングストックしています。

防災トイレ

水道が止まってしまうと用を足すことにも苦労します。水を節約する必要もあるため、防災トイレは余裕のある数量を用意しておいたほうがよさそうです。

石崎資材 シートイレ 50回分セット STT-50
石崎資材
サイズ:吸水シート/約 20×23cm 汚物袋/ 約65×深さ80cm

これは準備不足だったので最近購入しました。

その他に用意しているもの

その他にも以下のようなものを余裕をもって置いています。

  • ラジオ
  • 常備薬・救急用品
  • 消毒用アルコール
  • 衛生用品(トイレットペーパー・ティッシュペーパー・生理用品・洗面用品・マスク)
  • ラップ類
  • 使い捨て食器・コップ・ウェットティッシュ
  • ライター
  • ビニール袋
  • 衣類・防寒具・雨具・タオル類
  • ヘッドライト
  • 使い捨てカイロ
  • 健康保険証・預金通帳・現金
  • 軍手・ガムテープ・ビニール紐

多くの人に共通して必要なものはこのようなセットでも売られています。

Defend Future 防災セット 防災士監修 非常用持ち出し 防災リュック (2人用Relief)
Defend Future
✳️ シリーズ累計170,000個突破❗️➡️ 防災士が被災者の声から作った災害後3日間を生き抜く事を念頭においた防災セット。これまで多くの個人・法人・団体様にお選びいただき気付けば、累計170,000個以上の防災セットを販売させていただきました。

準備したいものは首相官邸のウェブサイトにもあるのでご参考に。住んでいる地域や季節によっても必要なものは異なりますし、地震・水害・土砂災害・事故などの原因によっても違います。数日間インフラが止まった場合を想定して準備しておくのがよさそうです。

災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~ | 首相官邸ホームページ
ここでは災害に備え、ご家庭で取り組むべき主な対策をご紹介します。

なお、ここでは詳しく触れませんが、マンションなどの集合住宅では一定数の災害用品を備蓄している場合があります。また、火災保険・地震保険といった建物・家財への損害に対する保険への加入内容も確認しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました