2020年8月末の資産状況/インデックス投資33か月目

月次実践録
この記事は約7分で読めます。

なまずんです。

2020年8月末の運用状況です。積み立てによるインデックス投資を始めて33か月が経過しました。

株価がどんどん上がっていきますね。

スポンサーリンク

資産構成:金融資産は1720万円

2020年8月31日時点の私たちの資産構成です。リスク資産と無リスク資産の比率は,リスク資産が少し多い状態です

  • 無リスク資産(濃青):現金または現金同等物
    • 銀行預金等=普通預金の他,手持ちの現金,電子マネー
  • インデックス投資によるリスク資産(黄):各種指数に連動するインデックスファンド。資産形成の中核です。
    • 投資信託=指数連動型投資信託,ETF(特定口座,NISA口座,iDeCoで運用)
  • その他のリスク資産(赤):単に興味を持ったものに投資しています。
    • 株式=ETFを除く個別株(上場株式など)
    • その他リスク資産=ソーシャルレンディングと仮想通貨
  • その他資産(灰):上記に分類できない少額資産です。
    • その他資産=ポイント,商品券など

カード支払いで月給を超える金額が消えていきましたが,それとまったく同じくらい株価が上がって,総資産は前月から横ばいです。

不動産:保有1件

2020年4月に居住用物件(マンション)を購入しました。複数社による不動産価格の試算では3800~4400万円の評価です。住宅ローンで購入しています。返済の状況は後述します。

◆関連:物件購入にあたって私の考え方をまとめました。購入を考えている方はぜひ!

中古マンションを居住用に購入――20代後半で購入を検討した理由や私の考え方・注意した点
2020年の春,自己使用の目的で中古マンションを購入しました! 半年ほど前から購入を念頭に,新築・中古の物件を見て回っていました。今回の購入に...

インデックス投資の内訳

資産の44.7%を占める投資信託の内訳は次の通りです。保有する投資信託はすべて,各種指数に連動するインデックスファンドです。株価の変動の影響で,日本株が少し減り,海外株が少し増えました。

日本株はTOPIXに,海外株は先進国株式インデックスのMSCI-kokusaiを中心に投資しています。

◆2020年8月からは投資先を少し増やしました。

2020年8月からの積立投資計画――投資資金を増額し,資産配分を再検討
こちらのツイートの通り,うなぎんがiDeCoの拠出を開始しました! うなぎんがiDeCoデビューしました。おめでとうございます&#x1f3...

日本REITを含むほかは,世界の株式時価総額比とほぼ同じです。日本REITは株式とやや違う値動きをしてきたことからポートフォリオに加えてみました。

投資元本に対する利回りと資産残高の推移

インデックス投資の成績です。投資元本は702万円です。トータルの損益は12.44%(前月比+7.00ポイント)で,約87万円の評価益です。評価額は800万円に届きそうです。

3月末は約89万円の評価損でした。それに比べると,4か月で176万円も損益が改善したことになります

赤線が資産の評価額,灰線が元本金額(2018年8月以降)です。なお,過去にごく一部を売却していますが,その実現損益も評価額に含まれています。

2020年8月の振り返り

3月の暴落時にはまったく想像できない5か月後でした。

今月もクレジットカードの残債が清算されたことで無リスク資産はやや減少しました。株価は暴落前を更新し,総資産としては横ばいになっています。

リスク資産の動き

投資行動と,今月の市場動向の簡単な分析です。

投資行動

毎月の積立投資を行いました。今月の合計投資金額は約18万円です。

◆相場ではなく,自分の経済環境に合わせて投資金額を調整しています。

暴落時に定期積立以外の追加投資をしていない3つの理由
コロナ・ショックに突入する直前,S&P500の終値ベースの高値は2020年2月19日でした。執筆時点では暴落開始から丸2か月が経ったことになります。 その間,3月23...

市場の動向

日米の代表的な株式指数と,私の保有する東証REIT指数の変動です(記事更新のタイミングにより,S&P500は各月末の前日)。

 2017年
12月末
2018年
12月末
2020年
3月末
2020年
4月末
2020年
5月末
2020年
6月末
2020年
7月末
TOPIX1494.091721.361464.031563.671558.771496.641618.18
 前年比15.2% 前月比6.8%-0.3%-4.0%8.1%
S&P5002485.743211.292939.513044.313053.663246.223508.01
 前年比29.2% 前月比3.6%0.3%6.3%8.1%
東証REIT1774.062145.491576.431701.031666.831664.651747.53
 前年比20.9% 前月比7.9%-2.0%-0.1%5.0%

日本株・米国株とも大きなプラスで,東証REIT指数も2か月ぶりにプラスとなりました。

無リスク資産の動き

現金の増減理由や生活防衛資金の近況です。

現金などの増減

クレジットカードの清算で90万円ぐらい引かれました。

収入はほぼこれまで通りです。支出面では交際費は例年に比べて低水準です。

生活防衛資金など

使途を定めず保有する現金(いわゆる生活防衛資金を含む)は毎月の平均支出の約20.6か月分です。これで十分でしょう。

◆参考:インデックス投資における生活防衛資金はいくら必要でしょうか? 調べてみました!

インデックス投資における生活防衛資金とその準備
突然の失業,病気,負傷――。長い人生で,災難はいつ誰の身に降りかかるかわかりません。運用資産を管理するうえで,どのように備えていますか?...

負債の動き

負債総額は約4150万円です。大半が住宅ローンで,残債は約4030万円です。ほかに,奨学金が92万円クレジットカード残高が30万円ほどあります。

先月から90万円ほど減少しました。不動産の時価評価も合わせると総資産>総負債です。

◆参考:なぜ「自己資金の投入をおさえて住宅ローンを多めに借りる」ことにしたのか,その理由です。

自宅を購入する際の資金調達方法――自己資金・借入・贈与
私は20代後半の2020年の春に,東京都内に中古マンションを購入しました。 住宅購入は「人生の最大の買い物」とも言われます。金額の大きい住宅購入においては,どのように...

ショックでも動じずに続けたことがよかった

クレジットカードの支払いで月末ベースでは総資産が変わらないものの,月の途中では総資産が一時1800万円を超えました。

繰り返しにはなりますが,3月には大きな下落に見舞われたものの,何も変えずに続けてきたことで損益が3月末から176万円も改善しました。これからもショックに巻き込まれることはあるでしょうが,動じずにしっかり続けていきたいです。

これでクレジットカードの残債もかなり減ったので,ここからまた増加基調に載せたいですね!

◆なお,今月は米国の運用会社のバンガードから,日本支社を解消するという通知が出されました。私はバンガードの指針にかなり合致した投資をしているので残念です。日本語の素晴らしい情報提供もなくなってしまうとのことで,今のうちにいろいろ読んでおきましょう。

バンガードの日本支社が撤退しても,その投資理念を実践していく
2020年8月27日,米国バンガードの日本支社であるバンガード・インベストメンツ・ジャパンから寂しいお知らせがありました。 近いうちに,日本支社の営業活動...

◆良かったときも,悪かったときも。過去の運用成績はこちら。

月次実践録
月次の資産運用報告です。

◆インデックス投資を資産形成の中心とする理由とは?

ブログの基本方針
ブログ「弱者のゲーム」にお越しいただきありがとうございます。当ブログの基本方針をまとめたページです。 執筆の背景 お金や投資について発信したい 突然ですが,皆さんの周りに「投...

コメント

タイトルとURLをコピーしました