2024年4月末の資産状況/インデックス投資77か月目

2024年4月末の資産状況 月次実践録
この記事は約5分で読めます。

2024年4月末の運用状況です。積み立てによるインデックス投資を始めて77か月が経過しました。

運用は2023年10月以来の前月比マイナスで、世帯での金融資産も約30万円減りました。円安が進んだ一方で、株価はそれより大きく下がった影響がありました。
 

◆資産運用の戦略はこちら。

人生の前半戦で資産を作れば後半戦の選択肢が増える
ブロガーのななしさんの記事を読んで、「そうだよね」と感じたことがあるので記事にまとめておきたいと思います。それがこの記事です。 タイトルの通り、ななしさんの主張は「老後資金のメドが...
スポンサーリンク

資産構成

金融資産:5100万円

2024年4月の月次報告(資産構成)

  • 無リスク資産(濃青):現金または現金同等物
  • インデックス投資によるリスク資産(黄):各種指数に連動するインデックスファンド
  • その他のリスク資産(赤):暗号資産などのその他のリスク資産
  • その他資産(灰):上記に分類できない少額資産。ポイント・商品券など
資産の8割以上はインデックスファンドです。

不動産:保有1件

居住用に物件を保有しています。ローンを返済中。

購入時よりも周辺取引相場は上がっています。過去の取引履歴から取引価格を推定できるサイトによれば、売却すればローン残債を差し引いて、2000万~2500万円程度の手残りになりそうです。

インデックス投資の内訳:99%は株式インデックスファンド

保有する投資信託はすべて各種指数に連動するインデックスファンドで、その99%は国内外の株式に連動するものです。残り1%は以前に購入したJリートインデックスファンドです。

2024年からは「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」1本に絞って購入しています。

◆「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」は2024年4月に純資産総額3兆円を突破しています。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)が純資産総額3兆円突破!
三菱UFJアセットマネジメントが運用する「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」の純資産総額が、4月9日に初めて3兆円を突破しました。 三菱UFJアセットマネジ...

2023年まではおよそ全世界の株式時価総額比率を参考に、日本株(約8%)、先進国株(約83%)、新興国株(約9%)に投資してきました。これらは継続保有しています。

投資元本に対する利回りと資産残高の推移

ここまでのインデックス投資の成績です。

  2024年4月までの成績 前月比
投資元本 26,379,643円 +500,004円
評価額 42,341,574円 +296,424円
投資収益(評価額 – 投資元本) 15,961,931円 -203,580円
損益率 60.51% -1.96%
運用成績は前月比マイナス20万円でしたが、それ以上に新規投資しているので運用金額(評価額)は前月比で約30万円増えています。
 
投資収益も先月は1600万円を初めて超えたのですが、昨年10月以来のマイナスで今月は1600万円を割り込みました。

赤線が運用資産の評価額の推移、灰線が投資元本の金額の推移です。

2024年4月の資産状況

こうやってみると、2020年のコロナショックの下げが小規模に見えてきますね。当時は資産規模がまだ大きくなかったからで、いまこの規模の下落がくるとかなりのダメージを負いそうですが。

◆2024年1月から投資計画を変更しています。

2024年1月からの積立投資計画(新NISA対応)
2024年1月から積立投資計画を見直します。 わが家では年に1回、家計の状況に応じて投資金額を見直しています。前回は2023年2月に見直しましたが、今回は新NISAのスタートに合わ...

円安進行のなかでも運用はこれまでと同じ

今月のおもな動き

今月は運用成績はマイナスながら、先月に初めて到達した金融資産5000万円&運用資産4000万円を結果的にはキープしました。株価は全体的には下落傾向でしたが、円安が進んだ影響で円換算の資産価格はそれほど下がりませんでした。

以下の記事のように、現時点で円安が進むことは、これから資産を積み上げていく段階の私にとっては喜ばしいことではありません。ですが、これまでと変わらず運用を続けていこうと考えており、その理由は記事にまとめています。

◆円安進行でもこれまで通りに運用を続けていくことは重要です。

円安進行中でも積立投資は変わらず継続すればいい理由
円安が止まりません。2024年4月27日には1ドル=158円を突破しました。 全国ニュースでも取り上げられるので、投資仲間だけでなく日常会話でも話題になっています。私の周りでも、連...

◆今月4月23日発売の「50代からの新NISA入門ガイド」の制作に協力しました。

「50代からの新NISA入門ガイド」の制作に協力しました
2024年4月23日発売のムック「50代からの新NISA入門ガイド」(晋遊舎)の制作に協力しました! 今回はNISAつみたて投資枠で買える投資信託ランキングの作成に協力しました。お...

資産概況

使途を定めず保有する現金(いわゆる生活防衛資金)は、毎月の平均支出の約14.4か月分になっており、先月に比べて減少しました。

金融資産総額は前月からやや減少して約5100万円です。そして運用金額は約4230万円になりました。

負債総額は約3720万円です。負債の大半は住宅ローンで、奨学金も返還中です。どちらも返済期日通りに着実に返済していきます。

なお、6月ごろにやや大きな支出が控えているため、運用資産の一部を売却することも検討中です。必要に応じて売却していくことも重要な投資戦略の1つです。

◆金融資産4000万円に達するまでの資産推移の概略も書いています。

世帯の金融資産が4000万円を突破しました
少し前にツイートしましたが、わが家の金融資産が4000万円を突破しました。夫婦2人の合計です。 世帯の金融資産4000万円を突破🎉 まだしばらく先だと思ってたのに、このところの株高...

◆インデックス投資を始めるときに読んだ本。じっくり読むのにおすすめです。

『ウォール街のランダム・ウォーカー』:私がインデックス運用を始めたきっかけ
レビューを書こうと思いつつ,最新版の発刊から2年も経ってしまいました。この本には特別に思い入れがあるのです。 この本,『ウォール街のランダム・ウォーカー』は多くのインデックス投資家...

◆資産形成の過程を毎月まとめています。過去の運用状況はこちら。

月次実践録
毎月末時点での資産状況の経過をまとめています。インデックスファンドを定期的に買い付けること以外はほとんどしていません。

◆インデックス投資を資産形成の中心とする理由とは?

ブログの基本方針
ブログ「なまずんの『弱者のゲーム』」にお越しいただきありがとうございます。当ブログの基本的な考え方をまとめたページです。 ブログを書いている背景 お金や投資について発信する 皆さん...
 

コメント