年金を「上乗せしていく」という考え方

210504 年金を「上乗せしていく」という考え方210504 年金を「上乗せしていく」という考え方年金制度
この記事は約3分で読めます。

この記事には今週にかけて読んだ年金に関する記事の紹介と,私の考えをまとめました。

75歳受給なら8割増 知っておきたい年金の3大改定|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE
年金を受け取るのは、まだまだ先の話。そう考える人も多いかもしれません。しかし、年金は退職後の確実な収入です。退職までにどう年金をつくるのかなど、ライフプランを立てる際にも大きく関わってくるでしょう。年金制度は、社会の状況などにあわせて、改…

ファイナンシャル・プランナーの井戸美枝さんが執筆した記事です。2021年以降の年金制度の改正についての情報がまとめられています。

スポンサーリンク

年金の受給金額にかかわる改定

記事の要点は次の3点です。

  • 2021年4月
    年金額を決めるルールが改定され,賃金下落時に年金受給額が減額される
  • 2022年4月
    受給開始年齢の上限が75歳まで選べるようになる
  • 2022年10月以降
    厚生年金の加入対象者が増える

年金制度は社会の状況に応じて少しずつ変わっていくので,知識がある人もアップデートが必要です。

年金額を決めるルールの改定

年金額の改定のルールの変更点は表の通りです。年金受給額を減らすルールができました。

2021年3月まで2021年4月以降
物価が下落せず,賃金が下落した場合に年金額を据え置く賃金が物価よりも下落した場合,年金額を賃金に合わせて減額する

賃金が物価よりも下落した場合について,これまでは物価基準で考えていたものを,これからは賃金の動きに合わせることになりました。

なお,これは物価と賃金が上昇したときに,年金の給付増をおさえる「マクロ経済スライド」とは別です。

現役世代と受給者の公平の観点からは適切と感じます。

受給開始年齢の上限が75歳に

現在,年金の受給は65歳を標準として,60歳~70歳の範囲で選ぶことができます。受給を繰り上げると受給額が減少し,繰り下げると増加します。この繰り下げの上限を75歳とするのが変更点です。

繰り下げると1か月あたり0.7%受給額が増えますので,75歳まで繰り下げた場合は受給額が84%増加することになります(図は記事より)。

年金w繰り下げ受給したときの増額率(NIKKEI STYLEより)

これによって,たとえば75歳までは蓄えた資金で生活し,75歳以降は増額された年金で生活費のより多くをカバーするような柔軟な選択肢もできました。

何歳まで生きるかはわかりませんから,「尽きない所得」である年金という切り札を人生の終盤にとっておきやすくなりました。

ただ,記事にあるように,受給する年金額があまりに多くなると税・社会保険料を支払う必要が出てきます。税・社会保険料には注意して考える必要がありそうです。

厚生年金の加入対象者が増える

これも詳細は記事に譲りますが,パート・アルバイトの人の厚生年金の加入要件が改正されます。保険料を負担する必要はありますが,厚生年金に加入できることで将来の年金受給額が増えます。

社会保険に加入するメリットについてまとまっていますので,パート・アルバイトの方には役立つ記事ではないかと感じます。

年金を「上乗せしていく」という考え方

一生涯もらうことができる公的年金の特徴は,何歳まで生きるかわからない老後の生活にぴったりです。そこで,一生涯もらえる年金をどれだけ上乗せできるかどうかが,将来の生活の不安を減らし,安定性を高めることにつながります。

2つめにあげた受給の繰り下げは誰にでも可能な有力な選択肢です。ある程度は受給を繰り下げることを頭に入れておく必要があるでしょう。

いまはその繰り下げを見据えて,長期投資によって資産をつくっていきたいと思います!

◆井戸さんの著書は要点がわかりやすく,女性向けに書いていますが男性にもおすすめです。

『一般論はもういいので,私の老後のお金「答え」をください!』(井戸美枝):老後資金対策の「考え方」までわかりやすく
著者の井戸美枝さんと,日経WOMAN編集部さんのご厚意によりご献本いただきました。さっそく拝読し,このレビューを書いています。 本書は投資家に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました