2021年1月末の資産状況/インデックス投資38か月目

210201 2021年1月末の資産状況月次実践録
この記事は約6分で読めます。

なまずんです。

2021年1月末の運用状況です。積み立てによるインデックス投資を始めて38か月が経過しました。

3か月連続で含み益は大きく増えました。

スポンサーリンク

資産構成:金融資産は2110万円

2021年1月31日時点の私たちの資産構成です。リスク資産と無リスク資産の比率はほぼ半々です

2021年1月の月次報告(資産構成)

  • 無リスク資産(濃青):現金または現金同等物
    • 銀行預金等=普通預金の他,手持ちの現金,電子マネー
  • インデックス投資によるリスク資産(黄):各種指数に連動するインデックスファンド。資産形成の中核です。
    • 投資信託=指数連動型投資信託,ETF(特定口座,NISA口座,iDeCoで運用)
  • その他のリスク資産(赤):単に興味を持ったものに投資しています。
    • 株式=ETFを除く個別株(上場株式など)
    • その他リスク資産=ソーシャルレンディングと仮想通貨
  • その他資産(灰):上記に分類できない少額資産です。
    • その他資産=ポイント,商品券など

リスク資産は増加,無リスク資産は減少しました。

不動産:保有1件

居住用の物件を保有しています。住宅ローンを返済中です。

インデックス投資の内訳

資産の46.5%を占める投資信託はすべて各種指数に連動するインデックスファンドです。世界における時価総額を参考に,先進国株式を中核として投資しています。

月次報告(インデックス投資の内訳)

◆2020年8月から投資金額を少し増やしました。

2020年8月からの積立投資計画――投資資金を増額し,資産配分を再検討
こちらのツイートの通り,うなぎんがiDeCoの拠出を開始しました! うなぎんがiDeCoデビューしました。おめでとうございます&#x1f3...

日本REITを少し加えています。

投資元本に対する利回りと資産残高の推移

インデックス投資の成績です。

 2021年1月までの成績前月比
投資金額(A)8,290,569円+425,660円
評価額+実現損益(B)10,000,288円+600,557円
 評価額9,960,306円+600,577円
 実現損益39,922円0円
投資収益(B – A)1,709,659円+174,897円
損益率20.62%+1.11%

保有するファンドの整理で過去に利益が確定されたぶんがあったので,今月からは運用中の総額と実現損益を分けて表にします。

評価額とこれまでの実現損益で1000万円を超えました。

赤線が資産の評価額+実現損益,灰線が元本金額(2018年8月以降)です。

2021年1月の運用成績

2021年1月の振り返り

無リスク資産は減少し,リスク資産は増えました。総額としてはわずかにマイナス。

リスク資産の動き

投資行動

毎月の積立投資を行いました。今月の合計投資金額は約43万円です。

iDeCoの拠出をまとめているため,今月はふだんより多くなりました。

◆基本的には相場ではなく,自分の経済環境に合わせて投資金額を調整しています。

暴落時に定期積立以外の追加投資をしていない3つの理由
コロナ・ショックに突入する直前,S&P500の終値ベースの高値は2020年2月19日でした。執筆時点では暴落開始から丸2か月が経ったことになります。 その間,3月23...

無リスク資産の動き

現金の増減理由や生活防衛資金の近況です。

現金などの増減

支出が増えたので減少しました。

生活防衛資金など

使途を定めず保有する現金(いわゆる生活防衛資金を含む)は毎月の平均支出の約25.4か月分です。

投資資金が増え,日々の値動きの影響が大きくなってきました。相場から心理的に距離をとる意味でもこのくらいを無リスク資産として置いておこうと考えています。

◆参考:インデックス投資における生活防衛資金はいくら必要でしょうか? 調べてみました!

インデックス投資における生活防衛資金とその準備
突然の失業,病気,負傷――。長い人生で,災難はいつ誰の身に降りかかるかわかりません。運用資産を管理するうえで,どのように備えていますか?...

負債の動き

負債総額は約4150万円です。負債の大半は住宅ローンです。

先月からは20万円ほど減少しました。

◆奨学金の利率改定のため返還金額が少し減りました。もともと利息は1000円ちょっとでしたが。

80万円の奨学金の利息が11円になった話
学生時代に借りていた奨学金の利息の改定について知らせが届きました。驚くべきことに,かかる利息が年率0.100%から0.002%へ改定されました。 ...

◆参考:なぜ「自己資金の投入をおさえて住宅ローンを多めに借りる」ことにしたのか,その理由を書きました。

自宅を購入する際の資金調達方法――自己資金・借入・贈与
私は20代後半の2020年の春に,東京都内に中古マンションを購入しました。 住宅購入は「人生の最大の買い物」とも言われます。金額の大きい住宅購入においては,どのように...

短期的な増減に惑わされず,長期目線で

投資の結果は「運用金額 ✕ 変動率」です。したがって,金額ベースで考えると運用金額が増えれば増えるほど,相場の上昇局面での資産の拡大を実感しやすくなります。

たとえば資産価値が1%上がった場合を考えると,10万円を運用している場合は+1000円ですが,1000万円を運用している場合は+10万円です。

2020年の後半から2021年の年始にかけて,私たちの家計では支出がかなり増えてしまいました。しかしながら資産総額で見るとこの期間に大きく増えています。それは2020年10月には約39万円だった評価益が,2021年1月末には171万円まで急拡大したことにあります。

現在の運用金額はおよそ1000万円となりました。当然のことですが,運用金額が大きくなると,日々の資産の増減にかなりの影響を及ぼす規模になってきたことをあらためて実感しています。

逆に,下落相場では金額ベースでは大きく下がります。生活防衛資金の項に書いたとおり,相場と心理的な距離を取れるように無リスク資産もある程度持っておくことにしています。

重要なことは短期的な増減に心をすり減らすことではありません。長期の運用で収益を拡大していくことが何よりも大切です。引き続きいつものように,インデックスファンドをバイ&ホールドする戦略で進めていこうと考えています。

◆私と似たような実践を進めたいという人向けに書いた記事です。よくリアルで尋ねられることをまとめました。

これだけはおさえておきたいインデックスファンドの選び方【初心者向け】
近年,インデックスファンドによる長期投資に取り組みやすい環境が整ってきたことで,多くの人がインデックスファンドを買うようになってきました。それに伴って,運用会社からも多くのインデッ...

◆良かったときも,悪かったときも。過去の運用成績はこちら。

月次実践録
毎月末時点での資産状況の経過をまとめています。インデックスファンドを定期的に買い付けること以外はほとんどしていません。

◆インデックス投資を資産形成の中心とする理由とは?

ブログの基本方針
ブログ「弱者のゲーム」にお越しいただきありがとうございます。当ブログの基本方針をまとめたページです。 執筆の背景 お金や投資について発信したい 突然ですが,皆さんの周りに「投...

コメント

タイトルとURLをコピーしました