やはり追随したeMAXIS Slim――米国株式(S&P500)・全世界株式(除く日本)・全世界株式(3地域均等型)・全世界株式(オール・カントリー)が信託報酬を引き下げ

191016やはり追随したeMAXIS Slim――米国株式(S&P500)・全世界株式(除く日本)・全世界株式(3地域均等型)・全世界株式(オール・カントリー)が信託報酬を引き下げインデックス投資

10月15日,三菱UFJ国際投信が,低コストインデックスファンドシリーズ「eMAXIS Slim」の信託報酬の引き下げを発表しました。プレスリリース,10月15日)

いずれのファンドも,すでに業界のなかでかなり低コストな部類ですが,「業界最低水準の運用コストをめざす」というスローガンのもと,最も信託報酬の低いファンドにぴったりと追随してきた実績は大いに評価に値します。

なまずん
なまずん

今回,信託報酬の引き下げ対象になるのは以下の4ファンドです。

スポンサーリンク

信託報酬引き下げの概要

今回の信託報酬引き下げは,先に発表されていた「SBI・バンガード・S&P500」「SBI全世界株式(雪だるま)」への対抗です。

米国株式は一気に4割超の引き下げ

なまずん
なまずん

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)は2018年7月の設定から1年3か月ほどで,純資産総額約320億円を集める超人気ファンドです(図は三菱UFJ国際投信ウェブサイト「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」より)。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の設定来チャート(2019年10月まで)。一貫して資金流入が続き,約320億円に。

今回の引き下げは,2018年8月に,信託報酬年率0.088%(税抜)という画期的な低コストで新規設定が発表された「SBI・バンガード・S&P500」への対抗です。

「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」の信託報酬は年率0.150%から0.088%に引き下げとなります。引き下げ率として41.3%という大きな変更です(図は上掲のプレスリリースより)。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の信託報酬の引き下げ。年率0.150%から0.088%へ。

なお,純資産総額500億円を超えると発動される仕組みは,今回は変更箇所がありました。これまでは500億円以上の部分は0.005%,1000億円以上の部分は0.01%の引き下げ率でしたが,それぞれ0.0005%,0.001%となると発表されています。

全世界株式3ファンドも業界最低水準に

 

なまずん
なまずん

こちらは「SBI全世界株式(雪だるま)」への対抗です。

 

 

全世界株式クラスは2019年7月に,「たわらノーロード全世界株式」の設定を受けて引き下げたばかりでした。徹底的かつ迅速な対抗措置には好感を持てます。

「たわらノーロード 全世界株式」の新規設定と全世界株式クラスのファンド比較(2019年7月)
◆読者の皆さまへ 本記事で紹介した信託報酬率は執筆時点(2019年7月)であり,現在は変更されています。全世界株式インデックスファンドの比較については,以下の記事をご参照ください...

年率0.120%から,0.104%に引き下げとなりました(図は上掲のプレスリリースより)。

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)(3地域均等型)(オール・カントリー)の信託報酬の引き下げ。信託報酬は0.12%にから0.104%へ。

引き下げ開始日

2019年11月12日から新しい信託報酬が適用されます。

どんどん進む低コスト化にはいつも驚かされる

今回は他社への対抗措置の発表が遅かったことが少し話題になりましたが,継続的かつ機動的な対抗措置は,「eMAXIS Slim」シリーズの定着に大きな役割を果たしています。

信託報酬の低下はつみたてNISA開始前後のこの数年にかけてもどんどん進み,驚異的な水準まで達しています。eMAXIS Slim米国株式(S&P500)から,委託会社である三菱UFJ国際投信が得られる信託報酬はわずかに0.0340%です。純資産総額が320億円としても年間1088万円であり,もはやこの規模の会社にとっては収益がないのも同然です。

それでも他社ファンドへ対抗する背景には他に販売している高コストファンドや巨額の機関向けファンドからの収益があることは予想されますが,それにしても驚くべき低コストとなりました。いち消費者としてはありがたい限りです。

◆引き下げ対象の4ファンドは,いずれもつみたてNISA対象商品です。他社ファンドと比較するにはこちらの記事。

【2019年12月・つみたてNISA対象】インデックスファンド比較・一覧【信託報酬,実質コスト,純資産総額など】
この記事ではつみたてNISAで購入できるインデックスファンドの信託報酬,実質コスト,純資産総額,運用期間などの情報を比較します。 つみたてNISAの対象商品は金融庁が長期投資...
なまずん
なまずん

最後に,私がすでに読んだ記事を紹介します。みなさん情報収集と執筆速度が早すぎで,すばらしeMAXIS Slim!

◆しんたろうさん

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー/除く日本/3地域均等型) 信託報酬引下げ。 - しんたろうのお金のはなし
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー/除く日本/3地域均等型) 信託報酬が引下げされます。これは先日引下げを発表したSBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま)に対抗したものです。引下げ後は税抜きで信託報酬最安値となります。

◆青井ノボルさん

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が信託報酬引き下げで年0.1%未満に
SBIとバンガードが組むという衝撃のニュースから、2ヵ月弱が経過。eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が、ついに信託報酬引き下げです。この記事では、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が信託報酬引き下げたことについて書いていきます。

◆水瀬ケンイチさん

コストが小さすぎて見えなくなっちゃう!eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、全世界株式(除く日本/3地域均等型/オールカントリー)の信託報酬引き下げ!
三菱UFJ国際投信は、「eMAXIS Slim」シリーズの、米国株式(S&P500)、全世界株式(除く日本/3地域均等型/オールカントリー)の信託報酬を引き下げると発表しました。いよっ!! 待ってました!!...

◆アウターガイさん

三菱UFJ国際投信がeMAXIS Slimシリーズ4ファンド(全世界株式・米国株式)の信託報酬率を引き下げ
三菱UFJ国際投信が2019年10月15日付で、eMAXIS Slimシリーズ4ファンドの信託報酬率引き下げを発表しています。プレスリリースによると、対象は全世界株式3本と米国株式1本の計4本で、引き下げの実施は2019年11月12日付としています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました