感情で余計な投資判断をしないために

220523感情で余計な投資判断をしないために私の投資戦略
この記事は約6分で読めます。

2022年に入ってから株価は下落基調です。5月20日にはS&P500指数は年初来で-18.6%になりました。

週足ではこの7週間は続落しています。そんなに続けて下落していることはブロガーのりんりさんのツイートで知りましたが、これは珍しいことだそうです。

さて、上昇相場と下落相場では気分が異なりますよね。Twitterのいろいろな発信を見ていてもそう感じます。

最近は威勢のよい声はあまり聞こえなくなりました。

スポンサーリンク

感情で投資判断を下すのは避けたい

ツイートについての補足ですが、これは「投資で感情を乱されてはいけない」という意味ではありません。もちろん乱されないほうが良いでしょうが、まったく乱されないのはなかなか難しいです。

健康を害さない程度であれば、感情に揺さぶられても問題ないでしょうね。

問題になるのは「投資判断」が感情に影響されたときです。とくに、衝動的に必要のない売買をしてしまうような場合です。単に「必要ない」程度で済めばよいですが、高値で買って安値で売るような行動にもなりやすいです。

私も運用規模がだんだん大きくなるにつれて、1日で月給分くらいが動く日も出てきました。感情がゼロというわけにはいきません。

冷静に継続していくための工夫

一方で、私の投資判断については感情に揺さぶられる状態にはありません。これまでの上昇相場でも下落相場でもペースを保ってきています。

ここでは、そのためにどんなことを続けてきたかを3つ、簡単に振り返ってみます。

戦略の拠りどころとなる本を読む

なにも考えずに他人のまねをしたり、その時々で儲かりそうな投資対象にお金を投入するという方法もあります。しかし、そのような方法でうまくいった例は多くはありません。

投資戦略を考えるうえでは、①妥当な理由が十分に研究されていて、②実践してうまくいった人が実際に多くいるという両方が重要だと私は考えています。

理論と実践から時の試練に耐えてきた手法ということですね。

私は売買を繰り返すのではなく、インデックスファンドを積立購入して保有し続ける戦略で運用しています。これは①も②も満たしています。

また、長きにわたって大きな金額を投入する拠りどころとするのですから、時を超えて読みつがれてきた本の教えを指針にするように心がけています。

『ウォール街のランダム・ウォーカー』:私がインデックス運用を始めたきっかけ
レビューを書こうと思いつつ,最新版の発刊から2年も経ってしまいました。この本には特別に思い入れがあるのです。 この本,『ウォール街のラ...
インデックス投資を推す2人の学者の共著:『投資の大原則』
なまずんです。 バートン・マルキールとチャールズ・エリス。インデックス投資家ならば,その名を知らない人はいないとしても過言ではありません。 その2人の共著の第2版が20...

『ウォール街のランダム・ウォーカー』と並ぶ名著が『敗者のゲーム』。最新版は買いやすい価格になりました。主張は上の2つとほぼ同じです。

海外の本が多いので、日本でも実践してきた人の本も合わせて読みました。税制が異なるので、翻訳書の前に日本人の本を読んでもよいかもしれません。

『マンガ お金は寝かせて増やしなさい』:インデックス投資を始めた君にも読んでほしい1冊
長年にわたりインデックス投資を続けているブロガーの水瀬ケンイチさんの新刊が発売されました。 今回は著者の水瀬さんと出版社のご厚意で拝読の機会をいただきました。発売日を...
『金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論』:「答え」もその理由も納得の一冊
インデックスファンドを用いた長期・分散・積立投資を選ぶ理由と実践方法をとてもわかりやすく解説した一冊でした! 『最もシンプルで賢い 投...

運用の指針が強固であるかどうかはとても大事です。どんな方法でやるにせよ、理屈と実践の両方から納得して取り入れるようにしましょう。

相場が崩れてきたときに読み返すのもオススメです。

そもそも投資金額は暴落でも生活に影響しない範囲に

そもそも論ですが、「積立購入して保有し続ける」手法は急落からは逃れようがありません。これはこの運用手法の特性です。したがって重要なのは「急落を受け入れる余地のある運用を徹底する」ということです。

分散が効いている「全世界株式」でも、ときに-50%の暴落に見舞われるようなことがあります。下がって数年にわたってなかなか回復しない……といったこともありえます。

数十年の視点で見れば、株価は世界経済の拡大にしたがって上がっていくと期待できますが、数年単位ではそこから大きく外れることも多いです。

近いうちに必要になるお金は運用から切り分けたり、運用する場合は半分以下になった状態で支払っても将来の生活に影響しない程度にとどめたりしたほうがよいでしょう。

たとえ暴落しても当面の生活に影響がなければ、感情が揺さぶられたとしても投資判断を狂わせる必要がありません。

下がったといってもいまは20%くらいですから、これで耐えがたい状態になっているようであればその方法は見直したほうがよいと思います。20%程度の下落は投資5年目の私でさえ2回経験しています。

将来の自分に今の行動が「感謝されそうか」を考える

私は長期運用で資産を作れればよいと考えているので、判断をする場合は必ず長期的な目線で考えるようにしています。といっても何も枠組みがないと難しいので、「長期的な目線」を「30年後の自分」という見方に置き換えています。

株を売りたい・買いたいと思ったときには「30年後の自分がこの行動を良かったと思えるかどうか」と考えるようにしています。

30年後の自分に申し訳が立たないような売買ではなく、感謝されるような行動をとってみましょう。こうすると自分で自分を客観視できるのでオススメです。

なお、株に限らず、他の資産を買うときや、やや大きな買い物をするときにも同じことを考えることが多いです。

◆上昇相場のなかでも似たような記事を書いています。こちらもご参考に。

長期投資家として余計な行動を取らないために
価値が上下する資産を保有していると,多かれ少なかれ,その値動きが気になってしまいます。とくに日々の値動きが数値化される株のような資産は上下がわかりやすいだけに,その傾向は強いでしょ...

心理が行動に及ぼす影響を知ってみよう

分けて考えるのが難しい人は、そもそも感情が発生しないようにするのが次善の策でしょう。証券口座にログインするのをやめたり、株価情報を遮断したりする方法があります。

下落相場になるとこのようなやり方もTwitterで発信する人が増えますね。確認するまでは含み損があるかどうかわかりません。戦略的ではないにしても戦術としてはありでしょう。

上昇相場に比べて下落相場で感情を揺さぶられやすいのは、行動経済学のプロスペクト理論で説明できます。

いろいろな本がありますが、私が気に入っているのはこのダニエル・カーネマンの本です。ノーベル経済学賞を受賞した本人が書いた1冊です。プロスペクト理論はもとより、行動経済学の概略を知るうえでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました